Hungary   (Page-1)
Omega
  ハンガリアン・ロック界のスーパースターOmegaMy Favoriteで特集しています。
 
こちらをクリックしてください。
Locomotiv GT.
Locomotiv GT. / Locomotiv GT.(GONG HCD 37528)
  Omegaの元リ−ダーPresser GaborがOmega脱退後作ったバンド。初期のOmegaの流
 れを組む渋めのハード・オルガン・ロックと言う感じですが、Locomotiv GT.は初期
 Omega以上にブリティッシュ色が強く、と言うかブリティッシュ系の音を意図的に作
 ったようなそんな感じがします。こういった面での指向性の違いがPresser Gaborの
 Omega脱退の原因なのかな?などと思いました。
Locomotiv GT. / Ringasd el Magad (GONG HCD 37529)
  2ndアルバムです。最初の数曲が意外な程プログレッシブな音作りで、1st以上に
 聞き応えがあります。叙情的な面も出てきて、こちらもグッド。ただし、半数の曲
 は唯のブルース&ロックンロールになっていて、こちらはプログレ・ファン向きで
 はありません。この後、3rdアルバム以降はプログレ色が無くなって行きます。
Locomotiv GT / Bummm!
 (Hungaroton HCD 37530)

 LGTの3rdアルバム('73年)。いきなりジャケットが「これかーい」な一枚。渋〜いファンキー・ロックですが、実力に裏付けられたドラマチックさは流石!コンガやサックスも導入した、貫禄の渋ゴージャズサウンドです。泣きのブルース・バラッドも良し!
Locomotiv GT / Mindig Magasabbra
 (Hungaroton HCD 37531)
 75年リリースの4thアルバム。組曲構成のスリリングなインスト・ナンバーで始まり驚かされますが、全体的には16ビートを活かしたソウルフルでファンキーなナンバーが主体。ブラックなメロディアスさは、ハンガリーのスティービー・ワンダーと言えるかも?この時点で既にレゲエをやってるのも先鋭的です。その中にあって、アダルトな感覚のあるバラッド・ナンバーはマジャールの哀愁たっぷりで聴きものです。
Piramis
Piramis / Piramis 1 (GONG HCD 17528)
  Piramisの1stアルバム。ハード・ロック系のバンドと言う思いがあったのですが、
 意外な程メロディアスで特にキーボードが活躍しています。エキゾチックな泣きの
 メロディーが出てくるところなんか、ハンガリーと言うよりユーゴスラビアのバン
 ドを思い起こさせます。
Piramis / Piramis 2 (GONG HCD 17555)
  ピラミスの2ndアルバム。1stアルバム以上にハードな部分とメロウな部分の
 メリハリがついていて、より完成度が高まっています。その分シンフォニック
 風味は減っていますが、緊張感を持ってグイグイとラストまで引っ張って行く
 ところはさすがハンガリーを代表するバンドだなぁと言った感じです。
  かっこいい!
Koral
Koral / Koral (Hungaroton HCD 17633)
  Koralの80年の1stアルバム。ハンガリーのバンドなのですが、どちらかと言
 うとオメガ系の演歌乗りでは無くて、ソリッドな乗りの中にエキゾチックなメロディ
 ーが絡むと言う感じで丁度ユーゴのDurgi Nacinにも似ているかな。ややハードで
 すがテクニカルな演奏は聴いていて快感、グイグイと聞き手を引っ張って行きます
 (^^)。
Koral / A Tulso Part (Hungaroton HCD 17683)
  2ndアルバム。2曲目こそは1stアルバムのエキゾチックなメロディーをハードに
 展開すると言う路線ですが、全体的にはメロウで軽快な印象が強くなっています。
 特にバラード・ナンバーが良い。1st,2ndともアルバムの最初と最後に関連性を持
 たせてトータルに仕上げていて、ハード・ロック系のバンドながらユーロ&プログ
 レッシブ・ファンにも聞き応え十分。何よりこの哀愁は辺境ファン向けですね
Koral / Homok A Szelben
 (Gong HCD 37724)
 Koralの1975年から1984年までの代表曲を集めたBestアルバム。'75年が1曲で以下'78年1曲'79年2曲、80年4曲、81年2曲、82年3曲、そして84年が5曲と全部で18曲72分のボリュームです。80年、82年の曲はそれぞれ1st,2ndアルバムからですが、他の曲は多分シングル曲でしょう。(84年はひょっとしたら3rdアルバムかな?)。
 70年代の曲はOmegaタイプの独特の節回しのバラッド・ナンバーが多いのですが、何故か1stアルバムの頃は、タイトなハード・ロック色が強く、その後2ndアルバム以降はシンフォ色も見せながら、段々と軽快なナンバーが増えて来ます。84年の曲はかなりNew Wave色がきつくなってますね。やはり聞き所は70年代から1stアルバムにかけてかな?
Illes
Illes / Human Rights
 (Hungaroton HCD 17994)
 ハンガリアン・ロック黎明期に片面全てを使った組曲等、先鋭的なアプローチを行っていたIllesの'71年の初期傑作アルバム(多分4thアルバム)。旧A面全てを使った大曲は、重く沈んだギターとオルガンがメロディアスに迫り、'70年代初期のイタリアンB級のような不器用なヘヴィさが魅力ですが、曲中に語りを入れたりとトータルな構成でジックリと聞かせます。旧B面は持ち味のレイドバックしたブルース&ハード・ロック。こちらは少し曲調がバラけていて残念。
Illes / Add a Kesed
 (Pepita LPX 17437)
 '72年リリースの多分5thアルバム。前作と打ってかわった小品集となっていて、この頃のハンガリーに多い、ハードなギターやオルガン・メインのブルース・ロックや乗りの良いロンクンロールが主体です。ただし、前作ではあまり聞かれなかったクラシカルで叙情的なバラッド・ナンバーが数曲収録されていて、これがなかなかグッドだったりします。
Illes / Boldog Varos
 (Pepita SLPX 17559)
 再び大曲に挑戦した'78年の名作。旧A面の24分にもおよぶ大曲はころころと変わる曲調をメロディアスなフレーズで流れるように繋いで行って、効果的な展開で全く飽きさせません。オーケストラの導入も効果的。で、何よりも魅力は新加入のキュートで少し癖のある声の女性Vocal!とにかく可愛くて最高です。旧B面も小品集ながら同様の傾向で、優しいメロディーがハンガリー語の響きと相まって私の心の琴線にビンビン触れます。彼らの最高作と言うだけでなく、ハンガリー・ロック史上に残る名盤です。
Non-Stop
Non-Stop / Uvegcserepek Antologia(1969-1972)
 (Hungaroton HCD 37970)
 ハンガリーのNon Stopの'69年〜'72年のアンソロジー・アルバム。ハンガリー・ロック黎明期の人気バンドで,クラシカルな明るいビート・サイケを聞かせてくれます。ブラスが入ったり,オルガンが唸ったり,ピアノが鳴り響いたり,ヴァイオリンやハープシコード,吹きすさびフルート、とまぁ,いろいろ多彩なアプローチが印象的ですが,マジャールの哀愁を聞かせながらも,とにかく開放感に溢れていて明るい音が良いですね。
Neoton
Neoton / Bolond Varos
 (Hungaroton HCD 17422)
 後にニュートン・ファミリーとしてディスコ・ブームにも大ヒットを飛ばすNeotonのデビュー・アルバム('70年)。基本的にはこの頃はサイケ・ビート・バンドですが,派手なブラスで始まり,哀愁のストリングスにクラシカルなハープシコード&オルガンと,予想もつかない...だけど,やっぱりサイケ・ビートだと言うタイトル曲が面白くて秀逸。2曲目はプロコルハルム風オルガンに導かれるマジャール・バラッドで,これまた印象的。となかなか捨てがたいアルバムです。が,3曲目以降はとっても普通のビート・ロック(ちょいとブルース色があって,オルガンが唸ったりしますが)になってしまって残念。1,2曲目は個人的には最高なんだけどね。
Neoton
Karthago / Karthago
 (Hungaroton HCD 17657)
 ハンガリーのプログレ・ハード カルタゴの1stアルバム('80年)。シャウトするVocalを中心としたかなり濃いめのプログレ・ハードな音ですが,キーボードもこってりたっぷりと入っているので,辺境プログレファンもOKね(^^)。オメガを思わせるいなたい情念を感じさせる節回しや,後半のメロディアス&スペイシーな展開等聞かせどころも充分です。
Karthago / Ezredfordulo
 (Hungaroton PDKCD0034)
 Karthagoの2ndアルバム('82年)。シンボルの象さんがいきなりサイボーグ化していて、とても微笑ましいのですが、音的にもデジタル・キーボードがピラピラの、キャッチーな80年代型産業ロックになっています。方向性としてはインターナショナル路線ですが、ハンガリー語の節回しは独特で臭い(笑)。哀愁に泣かせるバラッド・ナンバーが良い出来ですね。

次ページへ