Italy  Neo Progressive - Others
Pick Up Label
Aufklarung
Aufklarung / De'La Tempesta...L'Oscuro Piacere
                 
(Pick Up PK 1909)

  新興レーベルPICK UPからの新人バンド(とは言っても95年作)。歌詞が
 英語のため、ボーカルが入るとブリティッシュな感じになるところは残念?
 (^^;)ですが、個人的にはジェフ・マンがいた頃のTwelfth Nightが思い出され
 て、かなり気にいりました。それでも、クラシカルなブリッジが入ったり、
 畳みかける強引な構成があったりとやはりイタリアだなぁ...と思わせるもの
 もあって、今後が楽しみなバンドです。
Dunwich
Dunwich / Il Chiarore Sorge Due Volte
               
(Pick Up PKPROG 1903)
  '95年リリースのセカンド・アルバム。女性Vocalを中心としたキーボード、
 パーカッションの3人組。ゴシック・プログレ風味だった前作から大化けし、
 ストリングスを導入した荘厳で叙情的な室内楽風の作風となりました。古楽
 系のメロディー、アレンジは日本のタブラトゥーラやダンスリーをプログレ
 風味にしたような感覚で、幾重にもかさねられたコーラス、美しいギター・
 キーボードに心を揺さぶられます。
Others
Divae
Divae / Determinazione (Progressivamente GMP 001)
  '95年にリリースされ、イタロ・ファンをびっくりさせたDivaeの(現在のと
 ころ)唯一のアルバム。分厚くもテクニカルなキーボードを中心とした構築系の
 シンフォニック・ロックを聞かせてくれます。いかにも'90年代型の新しい感
 覚のシンフォですが、バッチリとイタリア色があるところがミソです。こう書
 くとキーボード・ラビリンス系の音かと思いますが、もう少しパワー主体のと
 ころが彼らの個性かな。ゲストにレオ・ネオとオザンナのLinoさんが参加。
 Linoさんの歌声はすぐわかりますね。この後、リズム隊はレオネオと合流、新
 生Balletto di Bronzoになります。
Contrappunto
Contrappunto / Subsider (PRW 050)
  ブラジルのProgressive Rock World Wide レーベルからリリースされた1st
 アルバム('99年)。メロディアスで華麗なシンフォニック・ロックで、英語で
 歌われていることから、インターナショナルな魅力もありますが、濃いメロ
 ディー・ラインはやはりイタリアからしか出ない作品ですね。で、なんと言っ
 ても良いのが、VocalのSara嬢、溌剌としていて、どこか舌足らずな歌い方が
 なんとも言えまへん(^_^;)。なんとなくジュリアンヌ・リーガン思わせるとこ
 ろもポイント高し!
Contrappunto / Lilith (PRW 049)
  何故かブラジルのProgressive Rock Worldwideレーベルからリリースされ
 ているContrappuntoの2ndアルバム(2001年)。相変わらずの詩情豊かなシン
 フォニック・ロックを聞かせてくれますが、1stアルバムに比べると随分落ち
 着いた出来。個人的に残念なのは、1stアルバムで初々しくて、若々しい声
 を聞かせてくれたSara嬢がいないこと。胸キュンの声だったのになぁ(爆)
 幻想性までも見せた円熟の2ndアルバムと言った感じか?
Contrappunto Project / Elegie d'inverno
               
(Mellow MMP 455)
  ブラジルのProgressive Rock World Wideレーベルからアルバムをリリー
 スしていたContrappuntoのキーボーダーAndrea Cavalloのソロ作。
 Contrappunto Project名義でのリリースです(2004年)。Contrappuntoは女性
 Vocalを擁した正統派シンフォニック・ロック・バンドでしたが、このアル
 バムは透明でクラシカルなキーボード・ミュージックとなっていて、シンセ
 やピアノにフルートやサックス、クラリネットを加え、イタリアの叙情をタ
 ップリと聞かせてくれますが、ややムーディに流れるのが残念。オール・イ
 ンスト。
Periferia del Mondo
Periferia del Mondo / In Ogni Luogo,in Ogni Tempo
                 (Akarma AK 3001)

  イタリアの新人PDMの1stアルバム(2000年)。つい最近2ndアルバムがリ
 リースされました。バンコのジャコモさん、マルテーゼさん参加で話題にな
 ったアルバムですが、アレア風のアラビックなメロディーに導かれてジャコ
 モさんの歌声が聞かれるテクニカルな1曲目でいきなりノックアウト!これ
 は素晴らしい構築系シンフォだ!と唸ってしまいますが、その他の曲は実は
 ハードでややサイケがかった勢い重視の音でした。1曲目に騙されてはいけ
 ません(^^;)。でも、良いけどね。
Periferia del Mondo / Un Milione di Voci
                 (Akarma AK 3002)

  イタリアのPDM待望の2ndアルバム(2002年)。ヴァイオリンをフィー
 チャーした勢いのあるシンフォニック・ロックは1stの延長線上にあります
 が、2曲目でいきなりSaxメインのジャズ・ロックをやったり、メンバーの
 ソロ小品をアルバムに散りばめたりと音楽性を広げる工夫をやっています。
 それでも、魅力はリフ主体のズンズン来る勢いシンフォ。Bancoのヴィット
 リオさんやマウロ・パガーニもゲスト参加。一聴でわかるプレイが嬉しい
 です(^^)
Il Trono dei Ricordi
Il Trono dei Ricordi (The Labyrinth TL 2003)
  これまた新興レーベルThe Labyrinthからの新人バンド('94年作)。結局、
 The Labyrinthは2枚?ほどをリリースして消えてしまいましたが、このIl
 Trono dei Ricordiはかなりのレベルの作品でした。エマーソンに影響を受
 けたキーボード・ワークに、複雑な構成を見事に演じ切る演奏力、と新人
 離れをした音楽性を持っていましたネ。ただし、思った程ブレークしなか
 ったのは、フレーズを作る能力はあっても、メロディー・メーカーがいな
 かったからかな?音楽に色気、高揚感が今一足りないんだな。2ndアルバム
 が聞きたかった!
Camera Astralis
Camera Astralis / I Supplicanti (Imago CD-IM002)
  Camera Astralisの1stアルバム。Electromantic(Ex-Vinyl Magic)のBeppe
 Crovellaがプロデュースしていますが、何故か自主制作でのリリースになっ
 ています。いきなりイタリアには珍しいジェネシス&アンジュ型シアトリカル
 なVocalが出てきますが、全体的にはTrick of the Tail,Wind&Wutheringの頃
 のジェネシスを爽やかにしたような内容。曲の繋がりが良いので、聴いていて
 つい聞き込んでしまいます。ハケット風ギター、バンクス風ピアノにメロトロ
 ン、と揃っていますが、それらが全然嫌味に聞こえないのがこのバンドの良い
 ところですね(^^)
Il Giardino dei Vizi Continui
Il Giardino dei Vizi Continui / Altri Spazi Altro Tempo
                      (GDVC01)
  イタリアの新人'98年の作品です。ハードかつメロウなギターを中心にし
 たテクニカルなサウンドは歌詞が英語と言うこともあって、かなり垢抜け
 た仕上がりですが、強引で無理やりな展開がいかにもイタリア的です。手
 数の多いドラムに、ひたすら歌うVocalと結構独特の音をしています。これ
 で、引きの感性があれば、もっと良くなると思っていましたが、その後音沙
 汰が無いのが残念!
Sacka
Sacka / Lontano nel Tempo (Se Possibile) (Sacka)
  イタリア新人、話題のSacka。確かに良い!演奏にはどこと無くぎこちない
 所があるものの、叙情から畳みかけに至る強引な展開がなんとイタリアらしい。
 そして、徹底的に歌いまくるボーカルにフルート。思わず一緒に声を張り上
 げそうになってしまいました。全体の印象は往年のイタリアン・ロック風なん
 ですが所々にNeo Progressive風のギター・トーンも聞かれ、これがもっとこな
 れていくと凄い音になるのでは無いか!そんな気がします。
  このアルバムだけでも十分過ぎるぐらいなんですが、一部残る未熟さがまだ
 まだ延びる余地を示していてそれがまた楽しみなバンドだったりします。
Minstrel
Minstrel / Faust (Min 06)
  昨年デビューの新人。Faustをテーマとしたロック・オペラですが、このバン
 ドもレベルが高い。叙情性とドラマチックさ、そして若干のメタル風味のバラ
 ンスが素晴らしく、Faust(キーボーダーですがカンタウトーレ風に歌います)
 やMefistofele(こちらは濁声のややメタル風)などの役柄のVocalistの歌唱力
 も抜群!完成度ではCastello di Atlanteより上なのでは?
Stereokimono
Stereokimono / Ki (irIdea 2000-11)
  イタリアの新人。イタリアのアレア・フェスで優勝したバンドと言うことで
 凄く期待していたのですが、ちょいと期待はずれかな?確かに演奏力は凄いけ
 どなんかどの曲もフレーズの羅列と言った感じが無きにしもあらず、無調なイ
 メージで迫ってもそれがどうしたと言った感じです。音楽やるには巧いだけで
 はだめだぞ。あとどの曲も同じ様なテンポと言うのも、これが眠くなるだよね
 ぇ。
Stereokimono / Prismosfera (Immaginifica QQ 1001 CD)
  イタリアの新人2ndアルバム(2003年)。前作はテクニックはあるものの、ど
 うも今一の出来だったのですが、本作はPFMのチョッチョさんのプロデュース
 と言うことで挑戦してみました。で、内容ですが...あまり変わり無し(T_T)。
 巷ではイタリアのオズテンとか言われているらしいけど、単調なフレーズの順
 列・組み合わせと言うパターンは全然変わってません。おまけに情感を前面に
 出すためか、テンポを落とした曲が多くなってしまって、唯一の魅力の疾走感
 まで無くなってしまいました(T_T)。チョッチョさん、何やってんだ?
Distillerie di Malto
Distillerie di Malto / Il Manuale dei Piccoli Discorsi
  2001年リリースのイタリア新人。なんと250枚限定とかで、私も慌ててゲ
 ットしました。内容は適度な邪悪さと叙情性を併せ持つ典型的なイタリアンロ
 ックで、強引な展開がいかにもイタリアらしいですね。イタリア語のVocalも
 良し。ただし、全体的に卒なくまとめてはいるものの、「これは凄い!」と言
 う部分が今一感じられないのが残念。10年前だったら大評判になっただろう
 になぁ、少し残念(^_^;)
Mangala Vallis
Mangala Vallis / The Book Of Dreams (TAVR 012001)
  期待のイタリア新人バンド。徹底的にメロトロンを使ったサウンドで話
 題になりました。音的には、結構アメリカン・プログレ風の垢抜けた音で、
 それにまんまジェネシスと言ったフレージングが重なると言った、ありそう
 でない音のバンドなのですが、サウンド・プロダクションはメジャー級なが
 ら、今一イタリアのバンドと言う気がしないのが、個人的に不満かな?テー
 マはヴェルヌですね。ゲストで元アクア・フラジーレ、PFMのベルナルド
 ・ランゼッティが歌っています。
Mangala Vallis / Lycanthrope (TAVR 022005)
  絶好調イタリア新人Mangala Vallisの2ndアルバム(2005年)です。本作か
 ら元PFMのベルナルド・ランゼッティが正式加入し、彼のVocalを活かし
 た「ドライブ感のあるジェネシス」とでも言えるような勢いのある音を聞か
 せてくれます。もう、シンセもギターもVocalも(笑)音がブッ太い!歌詞が
 英語で表面的なイタリア色はあまり感じられませんが、この暑苦しさはやっ
 ぱりイタリア。なんとなく無国籍風だった1stよりも2周りぐらい大きくな
 っています。前半のメロトロン唸りまくりの組曲は、ジェネシスを題材にい
 ろいろとやってます。
Faveravola
Faveravola / La Contea dei Cento
         (Locanda del Vento LDV001)

  2006年デビュー・アルバム。ジャケットから受けるようなファンタジック
 なシンフォ・サウンドを聞かせてくれます。ヴァイオリンやフルートをワン
 ポイントに使いながらも、凝った構成で勝負をかけるのでは無く、あくまで
 も「歌」を中心にメロディーを聞かせ、ヴィンージ感覚を活かした柔らかい
 歌物シンフォに仕上げています。聞き手の心にどんなメロデイーが響くのか
 わかっているかのようなフレージングが良いですね。
Aurora Lunare
Aurora Lunare / Aurora Lunare
           (Locanda del Vento LDV 006)

  トスカーナで'77年から活動しているAurora Lunareのデビュー・アルバム
 (2014年)。ぎゅうぎゅうに詰まった美しくクラシカルなキーボードを軸にビ
 シバシと決まるリズム隊と濃いイタリアの歌でぐいぐい聞き手を引っ張って
 行きます。美しくも熱い!これがイタリア。ラストは男女Vocalによる「フェ
 ローナとソローナ」のカバー!!
Filloritmia
Filloritmia / Filloritmia
  イタリア期待の新人Filloritmiaの、2000年に人知れずリリースされていた
 デビュー・アルバム。マキナ系とも言えるようなテクニカルなサウンドなの
 に、不思議な柔らかさがあって、イタリアらしいクラシカル&ファンタジッ
 クな感覚もまじえた独特の音を聞かせてくれます。シャープな演奏の切れ味
 と無機的にならないメロディー感が良いですね。ドリシア的な21世紀の音
 とヴィンテージな70年代的な音のクロスが新鮮です。
Filloritmia / Passaggi
  2009年リリースの2ndアルバム。2008年からインターネット上で公開して
 いた曲目を収録すると言う、新しい試みのアルバムとなっています。内容的
 には、1stアルバムの延長線上にあるマキナ系の音ながらも、スッキリとし
 た聞きやすいサウンドへと変化。ブルージーなヴィンテージ感とイタリアン
 な歌心を保ちながら、展開はテクニカルでシャープ!なんですよねぇ。何と
 も個性的なバンドです(^^)
Layra
Layra / Chiaroscuro
  圧倒的な音楽性で聞かせるLayraの1stアルバム(2008年)。イタリアらしくないミス
 テリアスでモダーンな美シンフォですが,歌だけはこってりとイタリア風なのが大き
 な魅力。イメージ的には「キーボード・メインで,メタル色が無い"Metropolis"ドリ
 ーム・シアター」と言えば良いかな?じっくりと聞ける名作です。ただし、CDRで
 のリリースなのが残念。はよ、バックアップ取っておっと。
Layla / Crono
  2011年リリースの2ndアルバム。よりテクニカル・ハードな面を強調しつつも,ま
 ばゆいばかりのキーボード群と情感たっぷりの歌メロの熱さがたまらない!持ち味の
 ミステリアスな雰囲気も充分に味わえ,ハードなパートからリリカルに変化する切れ
 味もさすがです。前作と比べてハードさが強くなったところに、好き嫌いが分かれる
 かもしれませんが,完成度は確実にアップしてます,傑作!
The Rome Pro(g)ject
The Rome Pro(g)ject / The Rome Pro(g)ject
                 
(CDALB01)
  キーボード奏者Vincenzo Riccaのプロジェクトの2012年作。ハケットさん,
 ジャコモさん,ニック・マグナス,デヴィッド・クロス,リチャード・シン
 クレア,デヴィッド・ジャクソン等の錚々たるゲストを迎え制作されました。
 ただし,中心となるのはあくまでもVincenzoのカラフルなキーボードで,タ
 イトなリズム・セクションに乗って,パステル・カラーのシンフォを聞かせ
 てくれます。そういう意味ではハケットさんと相性バッチリ。ジャコモさん
 のイタリア然としたナレーションも良し。ニック・マグナスとジョン・ハケ
 ットのデュオ他数曲,何故かVincenzoが絡んでいない曲がありますが,これ
 らの曲も全然違和感無く,アルバム全体をトータルに聞かせてくれます。
Oxhuitza
Oxhuitza / Oxhuitza (mr11005)
  マスケラのFabio ZuffantiさんがプロデュースするOxhuitzaのデビュー・
 アルバム(2013年)。ヴィンテージ・キーボードをたっぷりとフィーチャーし,
 邪悪イタリアンな感覚で攻めてきますが,ギターのリフがメタル系なので,
 プログレッシブ・メタル系のテイストも感じられます。オルガン,ムーグ,
 メロトロンvs鋼鉄ギターの戦いがなかなか良いですね。これで歌が入ってい
 ればなぁ。その点は少々残念。
Time Machine
Time Machine / Act II:Galileo
            
(Lucretia LU 98046-2/1/2)
  イタリアのTime Machineの初のフルアルバム。それまでにミニ・アルバム
 を数枚発表していた彼らですが、リズムが打ち込みだったりと今一完成度が
 低いものでした。このアルバムはメンバーをチェンジし、本格的なバンド編
 成となってのもので、ドリーム・シアター直系のテクニカルな演奏を聴かせ
 ます。しかも、ガリレオをテーマにしたトータル・アルバムで聞き応え十分!
Malleus
Malleus / Opera Totale (06CD-W293)
  マルチ・プレイヤーMalleusの唯一の作品('92)。ジャケを見たらどんなおどろ
 おどろしい音が出てくるかと思いますが、実際にはとってもファンタジックで
 雄大なロック・オペラでした。Malleusの弾くシンセを中心に、オペラチックな
 男女性Vocalが色を添えます。ギターの甘い調べが入ってくるところなんか、
 オーストリアのGandalfなんかを思い起こさせます。
Tony Carnevale
Tony Carnevale / La Vita che Grida (Art CD 1/95)
  Tony Carnevaleの2ndアルバム('95)。BancoのRodolfo Maltese,Francesco Di
 Giacomoさんがゲスト参加していることで評判になりましたが、内容も前半部
 はまるでBancoのようなキーボード・ラビリンスとなっており、最近のBancoの
 ような迫力あるリズムセクションをバックに極上のシンフォニック・ロックを
 演奏しています。Giacomoさん参加のタイトル曲なんか"Il 13"の曲よりもよっ
 ぽどBancoらしかったりして(^^;)、本当に素晴らしい出来です。後半部は何故
 か彼のピアノ・ソロとなっており、これはこれで楽しめるけど前半部だけでも
 充分な出来だっただけに、少々構成に疑問が残りました。
Tony Carnevale / Live Rock Symphonic Concert
                   (Art CD 2/03)

  Tony CarnevaleのLiveアルバム。名作"La Vita che Grida"発表直後のLiveで
 前半部だけだったら大傑作だった"La Vita che Grida"のまさに前半部を同様の
 テンションで演奏しています。Banco風のキーボード・ラビリンスが特徴の彼で
 すが、若干シリアスがかった持ち味も十分出ており、充実のLiveです。もちろん
 RodolfoさんもFrancescoさんも参加してますよん。オープニングは展覧会の絵で
 すが、大好きな「古城」をきちんとやってくれるのを初めて聞きました(^^;)

前頁へ