Italy  Neo Progressive - Others
Pick Up Label
Epica
Epica / Confini
 
(Pick Up PKPROG 1902)
 Pick Up RecordsからリリースされたEpicaの唯一のアルバム('95年)。ファンタジックなジャケットが印象的ですが、内容的には産業ロック乗りのプログレ・ハード系。広がりのあるキーボード群をバックに、キャッチーな歌メロとストレートなハード・ロック乗りで攻めて来ます。世界的にはこういうバンドは結構いますが、イタリアでは割と少ないタイプですね。歌詞はイタリア語。
 
Aufklarung
Aufklarung / De'La Tempesta...L'Oscuro Piacere
 
(Pick Up PK 1909)

 新興レーベルPICK UPからの新人バンド('95年)。歌詞が英語のため、ボーカルが入るとブリティッシュな感じになるところは残念?(^^;)ですが、個人的にはジェフ・マンがいた頃のTwelfth Nightが思い出されて、かなり気にいりました。それでも、クラシカルなブリッジが入ったり、畳みかける強引な構成があったりとやはりイタリアだなぁ...と思わせるものもあって、今後が楽しみなバンドです。
Dunwich
Dunwich / Il Chiarore Sorge Due Volte
 
(Pick Up PKPROG 1903)
 '95年リリースのセカンド・アルバム。女性Vocalを中心としたキーボード、パーカッションの3人組。ゴシック・プログレ風味だった前作から大化けし、ストリングスを導入した荘厳で叙情的な室内楽風の作風となりました。古楽系のメロディー、アレンジは日本のタブラトゥーラやダンスリーをプログレ風味にしたような感覚で、幾重にもかさねられたコーラス、美しいギター・キーボードに心を揺さぶられます。
Andromeda Relix Label
LogoS
LogoS/ L'enigma della Vita
 (Andromeda Relix AND 35)
 ヴェローナの新人バンドの2014年デビュー・アルバム。メロウなギター&キーボードを活かした正統派シンフォニック・ロックで、タイトで切れ味の良いリズム隊をバックに涼やかに、そして甘美に音を紡いでいきます。ところどころジェネシス色が混じりますが、英国風と言うよりもアルプスの麓、北イタリアの冷気と湿度を感じさせます。
Rosenkreutz
Rosenkreutz / Back to the Stars
 
(Andromeda Relix AND 037)
 ヴェローナの新人2014年デビュー・アルバム。メジャー感のある派手でキャッチーなシンフォニック・ロックで、流れるようなギター・ワークとしっとりしたクラシカルな風情との対比が印象的です。明るいメロディーやコーラス・ワークはイタリアにはあまりいないタイプですね。少しジェネシス風味があるタイトでテクニカルなラストの17分の大曲が素晴らしい出来です。なお、歌詞は英語
Astrolabio
Astrolabio / L'isolamento dei Numeri Pari
 
(Andromeda Relix AND 038)
 イタリア新人2014年デビュー・アルバム。フルートと熱唱Vocalによる邪悪系シンフォですが,乗りにタイトな軽快さがあってストレス無く最後まで聞かせます。リリカルでしみじみとした繊細さがあるのも良いですね。
Astrolabio / I Paralumi della Ragione
 (Andromeda Relix AND 052)
 イタリアの新鋭Astrolabioの2ndアルバム(2017年)。邪悪系な歌に、GG張りの偏屈フレーズとキメが纏わりつき、それでいてリズムはタイト、と言う奇妙でとてもイタリアンなバンドです。捻じれるビートに身が捩れますが、それがとても快感!一言で言えばイタリアン・ヘヴィなジェントル・ジャイアント(笑)
Barock Project
Barock Project / Misteriosevoci
 (Belle 182906)
 ボローニャ出身、ルカ・ザビーニ率いるBarock Projectのデビュー・アルバム(2007年)。エマーソンを明るくしたようなテクニカルで派手なキーボードを軸に、抜けの良い適度にハード・ポップなシンフォを聞かせてくれます。少々産業ロックっぽいところもありますが、イタリアらしいリリカルなフレーズが良いワンポイントになっていて、アルバムに華を添えています。
 
Barock Project / Rebus
 (Belle 182907)

 ギタリストが加入しより濃厚イタリアンな音になった2ndアルバム(2009年)。テクニカルなキーボードを活かした緻密なアレンジと、メランコリックで濃厚なメロディが圧倒的です。そのイタリア色により、ファンの間では最高傑作と言われる人気作です。
Barock Project / Coffee in Neukolln
 (Belle 182908)

 ジャケットが「らしくなくて」びっくりしてしまった(笑)3rdアルバム(2012年)。再びトリオに戻っていますが、バロック音楽からロマン派までの、クラシカルで華やかなイタリアン・テイストに、爽やかでインターナショナルな感覚が加わり、さらに多彩に、パワーアップしています。こういう垢ぬけた感じは、ちょっとフラワー・キングス風だったりして、どこまで成長するのかが楽しみなバンドです。
Barock Project/ Skyline
 (Belle 152423~4)
 初の国内リリースとなった4thアルバム(2015年)。このリリース後にNHK「プログレ三昧」での放送、来日公演を経て日本での人気が定着します。前作から続くインターナショナルな音作りで、爽やかな肌触りと柔らかい色彩感を持ったサウンドが心地よいです。もちろんキース・エマーソンを思わせるルカさんのクラシカルで華麗なキーボードは不変!なお、タイトル曲ではNew Trollsのヴィットリオさんが降臨されています(^^)。ジャケットはポール・ホワイトヘッド。
Others
Divae
Divae / Determinazione
 
(Progressivamente GMP 001)
 '95年にリリースされ、イタロ・ファンをびっくりさせたDivaeの(現在のところ)唯一のアルバム。分厚くもテクニカルなキーボードを中心とした構築系のシンフォニック・ロックを聞かせてくれます。いかにも'90年代型の新しい感覚のシンフォですが、バッチリとイタリア色があるところがミソです。こう書くとキーボード・ラビリンス系の音かと思いますが、もう少しパワー主体のところが彼らの個性かな。ゲストにレオ・ネオとオザンナのLinoさんが参加。Linoさんの歌声はすぐわかりますね。この後、リズム隊はジャンニ・レオーネと合流、新生Il Balletto di Bronzoになります。
Massimo Giuntoli
Massimo Giuntoli / Girafee
 (RBC 1007)

 今まで全く知られていなかった'92年リリースのド級作。キーボード奏者のソロ・アルバムですが,しっかりとバンド編成になっており「スリリングさを増したイタリア版エニド」と言うような圧巻の出来です。オーケストラルな音色とアプローチから,一気にキーボード・ラビリンスへと展開するところは快感の一言。
Contrappunto
Contrappunto / Subsider
 (PRW 050)

 キーボード奏者Andrea Cavallo率いるトリノ出身のContrappunto。ブラジルの専門レーベルPRW(Progressive Rock Worldwide)から1999年にこの1stアルバムをリリースしました。クラシカルなキーボードを活かした、メロディアスで華麗なシンフォニック・ロックで、英語で歌われていることから、インターナショナルな魅力もありますが、濃いメロディー・ラインはやはりイタリアならでは。そして、なんと言ってもVocalのSara嬢が魅力的なんです。溌剌としていて、どこか舌足らずな歌い方がたまりまへん(^_^;)。なんとなくジュリアンヌ・リーガン思わせる清楚さがあるところもポイント高し!
Contrappunto / Lilith
 (PRW 049)

 順調にリリースされるContrappuntoの2ndアルバム(2001年)。本作もブラジルのPRW(Progressive Rock Worldwide)レーベルからのリリースです。相変わらずの詩情豊かなシンフォニック・ロックを聞かせてくれますが、1stアルバムに比べると随分落ち着いた出来。個人的に残念なのは、1stアルバムで初々しくて、若々しい声を聞かせてくれたSara嬢がいないこと。胸キュンの声だったのになぁ(爆)幻想性までも見せた円熟の2ndアルバムと言った感じか?
Contrappunto Project / Elegie d'inverno
 
(Mellow MMP 455)
 ブラジルのProgressive Rock World WideレーベルからアルバムをリリースしていたContrappuntoのキーボーダーAndrea Cavalloのソロ作。Contrappunto Project名義でのリリースです(2004年)。Contrappuntoは女性Vocalを擁した正統派シンフォニック・ロック・バンドでしたが、このアルバムは透明でクラシカルなキーボード・ミュージックとなっていて、シンセやピアノにフルートやサックス、クラリネットを加え、イタリアの叙情をタップリと聞かせてくれますが、ややムーディに流れるのが残念。オール・インスト。
Periferia del Mondo
Periferia del Mondo / In Ogni Luogo,in Ogni Tempo
 (Akarma AK 3001)

 イタリアの新人PDMの1stアルバム(2000年)。つい最近2ndアルバムがリリースされました。バンコのジャコモさん、マルテーゼさん参加で話題になったアルバムですが、アレア風のアラビックなメロディーに導かれてジャコモさんの歌声が聞かれるテクニカルな1曲目でいきなりノックアウト!これは素晴らしい構築系シンフォだ!と唸ってしまいますが、その他の曲は実はハードでややサイケがかった勢い重視の音でした。1曲目に騙されてはいけません(^^;)。でも、良いけどね。
 
Periferia del Mondo / Un Milione di Voci
 (Akarma AK 3002)

 イタリアのPDM待望の2ndアルバム(2002年)。ヴァイオリンをフィーチャーした勢いのあるシンフォニック・ロックは1stの延長線上にありますが、2曲目でいきなりSaxメインのジャズ・ロックをやったり、メンバーのソロ小品をアルバムに散りばめたりと音楽性を広げる工夫をやっています。それでも、魅力はリフ主体のズンズン来る勢いシンフォ。Bancoのヴィットリオさんやマウロ・パガーニもゲスト参加。一聴でわかるプレイが嬉しいです(^^)。
  
Periferia del Mondo / Periferia del Mondo
 (Electromantic ART 418)
  Periferia del Mondoの3rdアルバム(2006年)。ヴィンテージ感のあるプログレッシブ・ロックが持ち味の彼らですが、本作でも独特の持ち味は健在。サックスを中心とした土臭さと21世紀的なキレの良さとムリクリな展開が合わさり、とてもエモーショナルな音を聞かせてくれます。イタリア語の歌も魅力的ですね。ジャケの印象からは構築美系と思われがちですが、本当はもっと情緒系のバンドです。ときおり聞かせる地中海色もまた良し。
Periferia del Mondo / Nel Regno dei Ciechi
 (Immagiuiffca ARS IMM/1016)

 東日本大震災で被害を受けた日本に捧げられた「桜前線」を含む4thアルバム(2013年)。明るいシンフォニック・ギター・ロックを聞かせる前半(「桜前線」はU2風ですな)妖しいメロディーのサックスやヴァイブにより,ヘヴィー・ムーディーに聞かせる後半,相変わらず良くわからない音楽性ですが,その不思議な雑食性が良い。M7では地中海ロックまで聞かせてくれます。
Il Trono dei Ricordi
Il Trono dei Ricordi
 (The Labyrinth TL 2003)

 これまた新興レーベルThe Labyrinthからの新人バンド('94年作)。結局、The Labyrinthは2枚?ほどをリリースして消えてしまいましたが、このIl Trono dei Ricordiはかなりのレベルの作品でした。エマーソンに影響を受けたキーボード・ワークに、複雑な構成を見事に演じ切る演奏力、と新人離れをした音楽性を持っていましたネ。ただし、思った程ブレークしなかったのは、フレーズを作る能力はあっても、メロディー・メーカーがいなかったからかな?音楽に色気、高揚感が今一足りないんだな。2ndアルバムが聞きたかった!
 
Camera Astralis
Camera Astralis / I Supplicanti
 
(Imago CD-IM002)

 Camera Astralisの1stアルバム。Electromantic(Ex-Vinyl Magic)のBeppe Crovellaがプロデュースしていますが、何故か自主制作でのリリースになっています。いきなりイタリアには珍しいジェネシス&アンジュ型シアトリカルなVocalが出てきますが、全体的にはTrick of the Tail,Wind&Wutheringの頃のジェネシスを爽やかにしたような内容。曲の繋がりが良いので、聴いていてつい聞き込んでしまいます。ハケット風ギター、バンクス風ピアノにメロトロン、と揃っていますが、それらが全然嫌味に聞こえないのがこのバンドの良いところですね(^^)
 
Il Giardino dei Vizi Continui
Il Giardino dei Vizi Continui
 / Altri Spazi Altro Tempo
(GDVC01)
 イタリアの新人'98年の作品です。ハードかつメロウなギターを中心にしたテクニカルなサウンドは歌詞が英語と言うこともあって、かなり垢抜けた仕上がりですが、強引で無理やりな展開がいかにもイタリア的です。手数の多いドラムに、ひたすら歌うVocalと結構独特の音をしています。これで、引きの感性があれば、もっと良くなると思っていましたが、その後音沙汰が無いのが残念!
 
Sacka
Sacka / Lontano nel Tempo (Se Possibile)
 
(Sacka)
 イタリア新人、話題のSacka。確かに良い!演奏にはどこと無くぎこちない所があるものの、叙情から畳みかけに至る強引な展開がなんとイタリアらしい。そして、徹底的に歌いまくるボーカルにフルート。思わず一緒に声を張り上げそうになってしまいました。全体の印象は往年のイタリアン・ロック風なんですが所々にNeo Progressive風のギター・トーンも聞かれ、これがもっとこなれていくと凄い音になるのでは無いか!そんな気がします。
 このアルバムだけでも十分過ぎるぐらいなんですが、一部残る未熟さがまだまだ延びる余地を示していてそれがまた楽しみなバンドだったりします。
Antephonia
Antephonia / Antephonia
 
(Il Bastardo)
 イタリア新人'99年リリースの唯一のアルバム。ザクザクと刻むギター・リフと性急なリズムが印象的なメロディアス・シンフォ・メタルですが、鳴り響くキーボードに、とことん熱唱するヴォーカル(メタル系ハイ・トーンですが)はとってもイタリアン。もうこの熱さ、ねちっこさ、メロディー感、たまりまへんなぁ。また、エキゾチックな感覚はスペインのメディナ・アザーラのようでもあります(^^)
Faveravola
Faveravola / La Contea dei Cento
 (Locanda del Vento LDV001)

 2006年デビュー・アルバム。ジャケットから受けるようなファンタジックなシンフォ・サウンドを聞かせてくれます。ヴァイオリンやフルートをワンポイントに使いながらも、凝った構成で勝負をかけるのでは無く、あくまでも「歌」を中心にメロディーを聞かせ、ヴィンージ感覚を活かした柔らかい歌物シンフォに仕上げています。聞き手の心にどんなメロデイーが響くのかわかっているかのようなフレージングが良いですね。
Filloritmia
Filloritmia / Filloritmia
 イタリア期待の新人Filloritmiaの、2000年に人知れずリリースされていたデビュー・アルバム。マキナ系とも言えるようなテクニカルなサウンドなのに、不思議な柔らかさがあって、イタリアらしいクラシカル&ファンタジックな感覚もまじえた独特の音を聞かせてくれます。シャープな演奏の切れ味と無機的にならないメロディー感が良いですね。ドリシア的な21世紀の音とヴィンテージな70年代的な音のクロスが新鮮です。
 
Filloritmia / Passaggi
 2009年リリースの2ndアルバム。2008年からインターネット上で公開していた曲目を収録すると言う、新しい試みのアルバムとなっています。内容的には、1stアルバムの延長線上にあるマキナ系の音ながらも、スッキリとした聞きやすいサウンドへと変化。ブルージーなヴィンテージ感とイタリアンな歌心を保ちながら、展開はテクニカルでシャープ!なんですよねぇ。何とも個性的なバンドです(^^)
Layra
Layra / Chiaroscuro
 圧倒的な音楽性で聞かせるLayraの1stアルバム(2008年)。イタリアらしくないミステリアスでモダーンな美シンフォですが,歌だけはこってりとイタリア風なのが大きな魅力。イメージ的には「キーボード・メインで,メタル色が無い"Metropolis"ドリーム・シアター」と言えば良いかな?じっくりと聞ける名作です。ただし、CDRでのリリースなのが残念。はよ、バックアップ取っておっと。
 
Layla / Crono
 2011年リリースの2ndアルバム。よりテクニカル・ハードな面を強調しつつも,まばゆいばかりのキーボード群と情感たっぷりの歌メロの熱さがたまらない!持ち味のミステリアスな雰囲気も充分に味わえ,ハードなパートからリリカルに変化する切れ味もさすがです。前作と比べてハードさが強くなったところに、好き嫌いが分かれるかもしれませんが,完成度は確実にアップしてます,傑作!
Alex Carpani
Alex Carpani / The Sanctuary
 
(Ma.Ra.Cash MRC021)
 イタリアのキーボード奏者2ndアルバム(2010年)。ギターとリズム隊を迎えてバンド編成によるダイナミックなキーボード・ロックを聞かせてくれます。イタリアらしいクラシカルで濃厚なメロディーを、テクニカルでドラマチックなアレンジで聞かせます。ところどころで聞かれるトニー・バンクス風味も、良いセンスで自分のものにしています。
Alex Carpani / 4 Destinies
 
(Festival Misic 201403)
 キーボード奏者Alex Carpaniの2014年作。ヴィンテージ・キーボードで攻める抜けの良い畳み込みシンフォで,躍動するリズムの上をフレーズが折り重なっていく様が圧倒的。歌メロがジェネシスだったり,フロイドだったり,GGだったりしますが,濃厚さはやはりイタリアン。元VdGGのデヴィッド・ジャクソンがこれまた妖しいサックスを吹いてます。サイコー!
Pennelli di Vermeer
Pennelli di Vermeer / La Primavera Dei Sordi
 
(CD FDM410608)
 南イタリア出身、Pennelli di Vermeerのデビュー・アルバム(2008年)。ナポリターナ風のメロディーをバッティアート的に料理したような新世紀南イタリア・プログレッシブ・ロックです。シアトリカルで奇妙なアレンジながら,きちんとポップにまとめるセンスが良いですね。1曲オザンナのLinoさんが参加して,相変わらずの濃い歌声を聞かせてくれます。そう言えば最近のオザンナにも少しだけ似ているなぁ。
Plurima Mundi
Plurima Mundi/ Atto 1
 (cd vrs-055)

 2009年リリースの4曲入りミニ・アルバム。女性Vocvalをフィーチャーしたクラシカルなヴァイオリン・ロックでクリアなイメージを前面に出した溌剌とした音を聞かせてくれます。テクニックはとてもしっかりとしているのですが、クラシカル、ムーディーなジャズ風、クリムゾン風とイメージが散漫なのが残念。女性Vocalも姉御系でバンドの音と今一あってないしね。オザンナのLitoさんがゲスト参加しています。
Plurima Mundi / Percorsi
 驚異のイタリア新人、待望の1stフル・アルバム(2017年)。クラシカルなヴァイオリンと女性Vocalによる叙情メロディーを、まるでバンコかイル・バレット・ディ・ブロンゾかのように畳み込む、突き抜けたイタリアン・プログレを聞かせます。迷宮化したキーボード・パートも見事。まさにこれは「ヴァイオリン入り女性Vocalのバンコ」だ!
Phaedra
Phaedra / Ptah
 
(PHM01)
 イタリア新人2010年デビュー・アルバム。アコギ,ヴァイオリン×2,フルートをメインとしたクラシカル・チェンバー系の編成ですが,出てくる音はこってりと熱いイタリアン・ロックなのが魅力的。全75分を組曲のように聞かせる構成力もバッチリで、特に迷宮チェンバー風になる後半が聞き物かな?La MascheraとYugenの丁度中間のような音楽性の音です。良いですよ。
Central Unit
Central Unit/ I See You
 
(MPRCD059)
 イタリア不思議系新人2010年デビュー・アルバム。一聴してスペーシーに飛び交うシンセの浮遊感に耳を奪われますが,コアな部分は意外と地味な普通のロック。その「普通のロック」をスペイシーに変調する,その「変さ」が魅力です。ひらりひらりと舞うフルート,サックス,ヴァイブを聞いているとどこか「ゴングのYou」を思い出しますね。不思議型スペイシー・ロックと言うような1枚。
The Rome Pro(g)ject
The Rome Pro(g)ject / The Rome Pro(g)ject
 
(CDALB01)
 キーボード奏者Vincenzo Riccaのプロジェクトの2012年作。ハケットさん,ジャコモさん,ニック・マグナス,デヴィッド・クロス,リチャード・シンクレア,デヴィッド・ジャクソン等の錚々たるゲストを迎え制作されました。ただし,中心となるのはあくまでもVincenzoのカラフルなキーボードで,タイトなリズム・セクションに乗って,パステル・カラーのシンフォを聞かせてくれます。そういう意味ではハケットさんと相性バッチリ。ジャコモさんのイタリア然としたナレーションも良し。ニック・マグナスとジョン・ハケットのデュオ他数曲,何故かVincenzoが絡んでいない曲がありますが,これらの曲も全然違和感無く,アルバム全体をトータルに聞かせてくれます。
The Rome Pro(g)ject / Of Fate and Glory
 
(TRP CDALB02)
 順調にアルバムをリリースするVincenzo Riccaのプロジェクトの2ndアルバム(2016年)。本作もスティーブ・ハケット、デヴィッド・ジャクソン、ビリー・シャーウッド等豪華ゲストを迎えなヒロイック・ファンタジー・プログレを聞かせてくれます。滑らかこってりのアナログ・シンセとコーラス・メロトロンをバックに、ゲスト陣が個性を活かしたソロを取ります。全体的には「この人、トニー・バンクスが大好きなんだなぁ〜」と言う出来ですな(笑)
Oxhuitza
Oxhuitza / Oxhuitza
 
(mr11005)
 マスケラのFabio ZuffantiさんがプロデュースするOxhuitzaのデビュー・アルバム(2013年)。ヴィンテージ・キーボードをたっぷりとフィーチャーし,邪悪イタリアンな感覚で攻めてきますが,ギターのリフがメタル系なので,プログレッシブ・メタル系のテイストも感じられます。オルガン,ムーグ,メロトロンvs鋼鉄ギターの戦いがなかなか良いですね。これで歌が入っていればなぁ。その点は少々残念。
Aurora Lunare
Aurora Lunare / Aurora Lunare
 (Locanda del Vento LDV 006)

 トスカーナで'77年から活動しているAurora Lunareのデビュー・アルバム(2014年)。ぎゅうぎゅうに詰まった美しくクラシカルなキーボードを軸にビシバシと決まるリズム隊と濃いイタリアの歌でぐいぐい聞き手を引っ張って行きます。美しくも熱い!これがイタリア。ラストは男女Vocalによる「フェローナとソローナ」のカバー!!
Tacita Intesa
Tacita Intesa / FARO
 Tacita Intesaの2ndアルバム(2018年)。大らかなイタリアの歌心を感じる、陽光溢れる多幸感のあるシンフォですね。ですが、フレーズの屈折率は半端なく、それが変態的でとてもかっこいい!これはまさに「イタリアのバスクのスポーツ」。なんか多発的にあちこちから面白いバンドが出てきたぞ−−−。これは凄いね。
Malleus
Malleus / Opera Totale
 
(06CD-W293)
 マルチ・プレイヤーMalleusの唯一の作品('92)。ジャケを見たらどんなおどろおどろしい音が出てくるかと思いますが、実際にはとってもファンタジックで雄大なロック・オペラでした。Malleusの弾くシンセを中心に、オペラチックな男女性Vocalが色を添えます。ギターの甘い調べが入ってくるところなんか、オーストリアのGandalfなんかを思い起こさせます。
Stereokimono
Stereokimono / Ki
 
(IrIdea 2000-11)

 イタリアのアレア・フェスで優勝したStereokimonoのデビュー・アルバム(2000年)。凄く期待していたのですが、この作品はちょいと期待はずれかな?確かに演奏力は凄いけどなんかどの曲もフレーズの羅列と言った感じが無きにしもあらず、無調なイメージで迫ってもそれがどうしたと言った感じです。音楽やるには巧いだけではだめだぞ。あとどの曲も同じ様なテンポと言うのも、これが眠くなるんだよねぇ。
Stereokimono / Prismosfera
 
(Immaginifica QQ 1001 CD)
 イタリアの新人2ndアルバム(2003年)。前作はテクニックはあるものの、どうも今一の出来だったのですが、本作はPFMのチョッチョさんのプロデュースと言うことで期待大。で、内容ですが...あまり変わり無し(T_T)。巷ではイタリアのオズテンとか言われているらしいけど、単調なフレーズの順列・組み合わせと言うパターンは全然変わってません。おまけに情感を前面に出すためか、テンポを落とした曲が多くなってしまって、唯一の魅力の疾走感まで無くなってしまいました(T_T)。チョッチョさん、何やってんだ?
Circolo Culture Federico Magnani
Circolo Culture Federico Magnani
 / Effetto-Tindall
 (CCFM1)
 CCFMの2003年リリースのミニ・アルバム。サックスやクラリネットをフィーチャーした明るく優しいメロディーのレコメン系で、歌抜きのストルミー・シックス風の感覚がいかにもイタリア的。軽やかでスパッとシャープなリズム感覚が心地よいですね。
Time Machine
Time Machine / Act II:Galileo
 
(Lucretia LU 98046-2/1/2)
 イタリアのTime Machineの初のフルアルバム('95年)。それまでにミニ・アルバムを2枚発表していた彼らですが、リズムが打ち込みだったりと今一完成度が低いものでした。このアルバムはメンバーをチェンジし、本格的なバンド編成となってのもので、ドリーム・シアター直系のテクニカルな演奏を聴かせます。しかも、ガリレオをテーマにしたトータル・アルバムで聞き応え十分!
Isn't
Isn't / Deep Ocean Inside
 
(Subline IV-072005)
  イタリア新人2005年デビュー作。深いエコーのかかったギターとうねるシンセが
 印象的なインプロ主体の音で、ずばり「イタリアのオズテン」と言った感じ。ヘヴィ
 なリズムの周りを渦巻く、スペイシーな音の塊がとてもサイケですね。ハイにぶっ飛
 ぶんでは無く、沈んでゆく感じがするのが彼らならではの個性か?
Tony Carnevale
Tony Carnevale / La Vita che Grida (Art CD 1/95)
  Tony Carnevaleの2ndアルバム('95)。BancoのRodolfo Maltese,Francesco Di
 Giacomoさんがゲスト参加していることで評判になりましたが、内容も前半部
 はまるでBancoのようなキーボード・ラビリンスとなっており、最近のBancoの
 ような迫力あるリズムセクションをバックに極上のシンフォニック・ロックを
 演奏しています。Giacomoさん参加のタイトル曲なんか"Il 13"の曲よりもよっ
 ぽどBancoらしかったりして(^^;)、本当に素晴らしい出来です。後半部は何故
 か彼のピアノ・ソロとなっており、これはこれで楽しめるけど前半部だけでも
 充分な出来だっただけに、少々構成に疑問が残りました。
Tony Carnevale / Live Rock Symphonic Concert
                   (Art CD 2/03)

  Tony CarnevaleのLiveアルバム。名作"La Vita che Grida"発表直後のLiveで
 前半部だけだったら大傑作だった"La Vita che Grida"のまさに前半部を同様の
 テンションで演奏しています。Banco風のキーボード・ラビリンスが特徴の彼で
 すが、若干シリアスがかった持ち味も十分出ており、充実のLiveです。もちろん
 RodolfoさんもFrancescoさんも参加してますよん。オープニングは展覧会の絵で
 すが、大好きな「古城」をきちんとやってくれるのを初めて聞きました(^^;)
Dagda-Morrigan
Dagda-Morrigan / Tir-nan-og
 (Avalon AVM-1001-2)
 イタリアの爽やかシンフォニック・ケルト・トラッド・ユニットの唯一作('94年)。Franca嬢(ヴォーカル)とDaniele Caldarini(キーボード)のユニットで,リズム面では地中海色もありカンタウトリーチェのようでもあるけど,バグパイプやフィドル風ヴァイオリンも入って,ベクトル的には完全に「ケルト」を向いていたりして,この対比がなかなか面白かったりします。ただし、,良いアルバムですが個人的には最近このタイプのシンフォな「ケルト」には食傷気味だったりします。なんか、みんな同じだもんなぁ(^^;)

前頁へ