Italy  Neo Progressive - Ma.Ra.Cash、Altrock Label
Ma.Ra.Cash Label
Conqueror
Conqueror / Istinto (CNQ CD 001)
  イタリアの新人2003年のデビューアルバムです。タイトなリズムに乗せて
 流れるようなシンフォニック・ロックを聞かせてくれます。特にキーボーダ
 ーでもある女性Vocalistの「となりのお姉ちゃん」風の歌が何となく、ジュ
 リアンヌ・リーガンと言うか、私の好きなタイプなのが良いです(^_^;)。歌
 詞もイタリア語なのもポイント高し。ただ、もう少しミックスとかを工夫す
 る必要があるかな?今はちょいと無国籍な方に流れていて、イタリアらしさ
 が薄まっているのが残念と言えば残念?このまま成長すればCAPを抜ける
 ぞ(^^;;;)
Conqueror / Storie Fuori Dal Tempo
            
(Ma.ra.Cash MRC 006 CD)
  クラシカルなフルートとキーボードを活かしたたおやかな叙情を聞かせてく
 れるConquerorの2ndアルバム(2005年)。可愛らしさと色っぽさを備えた美しい
 女性Vocalがまた魅力的で、月夜の庭に遊ぶような妖しさと、歌を中心としたモ
 ダンな感性と言う2面性を持つサウンドに彩を与えています。ラストの曲は3
 0分以上にもわたる大曲ですが、イタリアらしい強引な展開は無いものの親し
 みやすいメロディーと幻想性で聞き手を別世界に連れて行きます。後半のトラ
 ッド風のメロディが特に良いですね。
Malaavia
Malaavia / Danze D'incenso (Ma.ra.Cash MRC 002)
  イタリア新人バリバリの新譜(2004年)。キーボードとベース&Vocal2人の
 ユニットで、端正なシンフォニック風味ながら、トラッドの香り漂うしっとり
 とした歌メロが印象的です。吹きすさぶフルートや心に染み入るヴァイオリン
 等70年代風のヴィンテージな感覚を聞かせながらも、ワールド・ミュージッ
 ク等の新しい感覚が漂っているのが印象的。切れの良いリズムも心地良いです
 ね。Osanna,NCCP,La Torre dell'Alchimista等多彩なメンバーがゲスト参加し
 ていることからも彼らの音楽性の幅が窺えます。
Edera
Edera / Setting for a Drama (VR CD 000449)
  イタリアのEderaの1stアルバム(2002年)。英語で歌われる典型的なポンプ
 ・ロックなのですが、そこはイタリアのバンド。心に突き刺さるようなロマ
 ンチシズムが全編に充満しており、じっくり、こってり(笑)味わうことが
 できます。流れるようなギター・キーボードのフレーズがドラマチックに展
 開するところなんか、まさに「Pallasを濃くしたような」音!最高です。ラ
 ウドなリズムセクションが気になりますが、メロディーの良さで帳消しです。
Edera / And Mouth Disappears (Ma.Ra.Cash MRC 009)
  19のパートに分かれた一大トータル・シンフォを聞かせるEderaの2ndア
 ルバム(2005年)。ロマンチックなメロディーに、緩急の鮮やかな展開、盛り
 上がりのダイナミックス、畳み掛けの勢い等アルバム全体を息もつかせず、
 聞き手を引っ張っていく一流の傑作アルバムです。歌詞が英語のことと、癖
 のあるVocalで、なんとなくポンプ・ロック風なのがの好みをわけるかもしれ
 ませんが、イタリアからはまだまだこんなバンドが出てくるのですね。嬉し
 いですね(^_^)
Altrock,Fading Label
Yugen
Yugen / Labirinto D'acqua (Altrock ACT 001)
  イタリアの新感覚チェンバー・シンフォYugen(幽玄?)の1stアルバム
 (2006年)。テクニカルでハイパーなシンフォでありながらも、アヴァンでリコ
 メン系なチェンバー・ロックだったりして、両方の良さを兼ね備えた音を聞か
 せてくれます。と言っても、難解な音では無く、妙に親しみやすい感覚がまた
 オツ。イメージ的にはなんとなく21世紀版ストルミー・シックスかなぁ?
Yugen / Play Leddi - Uova Fatali (Altrock ALT 005)
  なんと元ストルミー・シックスのTommaso Leddiと合流!Leddiの曲を一緒
 にプレイした2ndアルバム(2008年)。「なるほどそうだったのか?」と言うよ
 うな進展ですが、出てきた音も期待通りで、とてもストルミー的。丁度、"Un
 Biglietto del Tram""L'apprendista"風かな?と言う音がとても喜ばしいです
 ね。今日的でシャープなYugenの個性も感じ取れ、21世紀になってこんな音
 を聞けるとは、ほんま喜ばしい限りです。
Not a Good Sign
Not a Good Sign/ Not a Good Sign (Fading FAD 009)
  Yugenのメンバーが結成したイタリア新人シンフォニック・ロックのデビュ
 ー・アルバム(2013年)。ロング・トーン・ギター,メロトロンを活かしたシン
 フォニック・ロックながら,複雑な和声によるアヴァン系+ミニマル・ミュー
 ジック風のフレーズを随所に織り込み,一筋縄ではいかない音を聞かせてくれ
 ます。表面的な装いは王道シンフォニックですが,根底にある歌心とシャープ
 なグループ,そして非予定調和的な捻り等の隠し味のセンスが素晴らしい。流
 石Yugen!

前頁へ

次頁へ