Japan  (Page-6)
Mandrake,P-Model

Vol.1

Vol.2
Mandrake / Unreleased Materials Vol.1 (Belle 97343)
Mandrake / Unreleased Materials Vol.2 (Belle 97344)

Vol.1
 「飾り窓の出来事」   ◎
 「終末の果実」     ◎
 「犯された宮殿」    ○
 「錯乱の扉」      △
Vol.2
 「マンドラゴラ」    ○
 「Tales from Pornographic Ocean」 ○
 「流れの果てに」    △
 「いりよう蜂の誘惑」  ×
 となりました。激しさと美しさに切り裂かれるような「飾り窓の出来事」。溶けてしまいそうなぐらい妖しい「終末の果実」。もう別格です。平沢のギター・ワークもメロトロンも最高だけど、意表をつくフレーズを連発するベースが曲の構築的なイメージを高めています。今回のCD化での発見の1つかな?
 「犯された宮殿」「マンドラゴラ」ももう少し録音状態が良ければ◎なんだけど、これは仕方が無いか。全体的には他のアンリリース物と同じ事を書きますが、もっと曲を絞ってジャケもきちんと作って1CDにした方が良かったように思います。△×は、はっきり言っていらなかったなぁ。
P-Model / In a Model Room
 (Sky Station SS-101)
 Mandrakeを母体として出来たP-Modelの1stアルバム('79年)。そう言えば当時ヒカシューやらリザード、プラスティックス..etc いろいろ出てきましたが、別格だったのがヒカシューとP-Model。ヒカシューに関しては、メロトロンを聞きに行ってたと言う話もありますが(^_^;)、両バンドともプログレ訛が濃くてテクノ・ブームのさなかながら、かなり楽しめたように記憶してます。
 この"In a Model Room"はもろテクノといった作風ながら、激しく強引な展開がまんまマンドレイクですね。このテンション、切れ味、プログレッシブ・ロックからテクノへと衣装は変わっても本質は同じです。
P-Model / Perspective
 
(Blankbeat SS-902)
 テクノを超え、前人未踏の音響空間を作り上げた傑作4thアルバム('82年)。紙ジャケCDは待望のLP+カセット音源の完全盤となりました(嬉)。人工空間にリズムが木霊し、それをヒステリックなギターが切り裂きます。その重く切羽詰まった感覚が唯一無二!かも?(^_^;)
 
P-Model / Karkador (Sony Music MHCL-1136)
 大幅なメンバー・チェンジとレーベル移籍を経てリリースされた6thアルバム('85年)。フレーズの断片を偏執的につなぎ合わせたような無理矢理さが、とてもかっこいい快作です。その上、ソフトな音色のキーボードがシンフォニックに響いてくるんですよ。また、意外に叙情的な曲が多く収録されているのも特徴的で、シンフォ・ファンにもお勧めだったりします。良いですよぉ(^^)。
 
P-Model / One Pattern (Sony Music MHCL-1137)
 テクノ・ポップから始まり、様々音楽アプローチを行ってきたP−MODELの一つの到達点とも言える7thアルバム('86年)。前作の路線を踏襲したシンフォニックでドラマチックなサウンドに、テクノ的でダンサブルな感覚を織り込み、まさに集大成と言えるような「高み」を聞かせてくれます。この後、彼らは一旦解散。次のステップまで一時の休息に入ります。
  
ヒカシュー
ヒカシュー / ヒカシュー
 
(Bridge EGDS-41)
 ヒカシューの'80年のデビュー・アルバム。P-Model,プラスティックスとともに当時「テクノ御三家」と言われていましたが,リズムボックスを使用しながらも,メロトロンにサックス,骨太ヘタウマなギター(海琳!),そして巻上公一の演劇的なVocalとプログレ風味のある雑食性が最高!近田春夫のプロデュースによるコンパクトなポップ感が少々物足りなくもありますが,ニッチ・ポップな感覚と思えばなかなか心地よかったりします。特に「プヨプヨ」でのディム・ブレイクを思わせるシンセからフリーなサックスが入り民族音楽風に展開するところは聞き物。
ヒカシュー / 夏
 
(Bridge EGDS-42)
 デビュー・アルバムのわずか5ヵ月後にリリースされた2ndアルバム('80年)。海琳のギターと生ドラムのグルーブ活かした「バンド感覚」の強い作品で,ピコピコなテクノのイメージとは違う領域に踏み込んでいます。アルバム全編を貫くタテノリが気持ち良い!これぞNew Wave。
 
ヒカシュー / うわさの人類 (Bridge EGDS-56)
  彼らの転換点となった3rdアルバム('81年)。テクノ・ニッチ・ポップ的な従来の
 魅力を残しながらも,トータル・コンセプトを感じさせるような重厚な作品になっ
 ています。歌謡曲から力強いロックまで幅が広がった音楽性に成長を感じます。オ
 ープニングのメロトロンの響きの雄大さ,そしてラストに向けての突進力、と聞き
 所多し。ある意味プログレ訛りが強くなったアルバムと言えるかもしれません。
Yellow Magic Orchestra
YMO / Yellow Magic Orchestra
 (Sony Music MHCL 20101)
  '78年リリース1stアルバム。ジョジオ・モロダー的なディスコ・サウンドを
 目指したと言う事ですが,ディジタルでスクエアなビートはとにかく快感。次
 作以降と比較して音色が単調なきらいはありますが,今では逆にそれが新鮮で
 す。細野の「泰安洋行」からの異国情緒が,シンセの無機質な音と混ざって行く
 「YMOが生まれる瞬間」を見事にとらえています。特に切れ目無く続く旧B面
 の「東風」〜「中国女」の流れとビート感が最高。
YMO / Solid State Survevor
 
(Sony Music MHCL205)
  社会現象にもなった'79年リリースの大ヒット作。教授,幸宏の色がより濃く
 出ており,音色も豊かにUK&ジャーマン・ロック色が強まっています。それ
 にピンク・レディーを分析して意識的にヒット曲を書いたとされる「テクノポ
 リス」やお馴染み「ライディーン」に象徴されるポップ化が見事にはまってい
 ます。前作から続く旧A面のノンストップ・インスト路線とVocalを取り入れ
 ロック色を増した旧B面の対比も良いですね。
YMO / Public Pressure
 
(Sony Music MHCL206)
  とうとうオリコン・チャート1位になってしまった'80年リリースのライブ
 ・アルバム。ほとばしる情熱と開放感に溢れ,ロスからロンドンへと乗り込ん
 でいく勢いが凝縮された作品となっています。はずむリズムの人力テクノがス
 タジオ盤以上に快感!渡辺香津美のギター・カットで少々物議を醸し出しまし
 たが,結果的にフュージョン色が薄まり,テクノ&New Wave色が強まっていま
 す。細野さん曰く「New Waveの神様が降臨した」。何もかもばっちり決まった
 奇跡の1枚です。

前ページへ