Japan  (Page-5)
金属恵比須
金属恵比須 / 紅葉狩
 (Vital VR-014)
 高木大地以外のメンバーを総入れ替えしてリリースされた2ndアルバム(2004年)。メロトロンとクリムゾナイズされた攻撃的ギターで和風アネクドテンのような音を聞かせる前半,人間椅子風ヘヴィロックに無理矢理メロトロンが絡む後半とも強烈。かなり癖がある音だけど,メロディーとアレンジ・センスが飛びぬけていて何回でも聞ける。
金属恵比須 / ハリガネムシ
 10年ぶりとなった3rdアルバム(2014年)。再びメンバーを一新し,箱男と紅葉狩を合わせ,さらにパワーアップした音を聞かせてくれます。たちどころに目の前の色彩が変わるような柔らかく変幻自在なキーボード・オーケストレーションとヘヴィ・ロックなパワーとのバランスが素晴らしい。それをメロトロンがザーっとさらって行きます。そして,何といっても稲益さんの昭和な肌触りな歌声が不思議。姉御系でもキュート系でも無いぼんやりと懐かしい歌が心に響く
金属恵比須 / 阿修羅のごとく
 新曲「阿修羅のごとく」をフィーチャーしたミニ・アルバム(2016年)。全体的にソリッドな仕上がりで、メロトロンを始めとするキーボードが唸りをあげるヘヴィ・ロックが快感です。そして、稲益さんの中性的に粘る歌声にゾクゾク。2015年ライブの「真珠郎」「ハリガネムシ」「箱男」も、お馴染みのHRも含めて、かっこよくも楽しい(^^)
金属恵比須 / ハリガネムシのごとく
 (HMV HRLP076)
 2017年のレコードストア・デイに合わせてリリースされたアナログ仕様コンピレーション。「ハリガネムシ〜光の雪」「あしゅらのごとく〜みつしり」をA,B面の塊として聞かせる構成とバランスが良い。そして驚きは人間椅子をプログレにしたような「鬼ヶ島」。ブラック・サバス風のヘヴィ・ロックをベースにしていますが、最初からこんなに緻密な完成度だったとは!全体的にアナログ特有のねっとりとした音質が金属恵比須に合っていますね。
金属恵比須 / 武田家滅亡
 「武田家滅亡」の架空のサウンドトラックとの形でリリースされた5thアルバム(2018年)。冒頭のメロトロンから「来たーー!」と言う感じなのだが、野太いリフに乗るレトロ・フューチャーな感覚のキラキラとしたキーボードがかっこいい。そして、歌メロの親しみやすさが白眉で、稲益さんの中性的な歌の「この世のものでは無い感」がとても魅力的です。インスト中心の前半部がちょっと劇伴感が強いのが気になるが、やっぱり金属恵比須は別格!
 
Kadath
Kadath / 煉獄楽団
 (JPRG-003)

 山口のKadathの2ndアルバム(2016年)。菅原さんのテクニカルなギターを中心としたモダン・ヘヴィなインスト中心の4人組で、激しいリフレインがどんどん加速し、その上に透明で冷たいキーボードが乗る、その対比が鮮やかでかっこいいですね!ジャケットのとおりのおどろおどろしく邪悪なイメージもありますが、良く鳴くギターの美しさとバンド一体となった楽曲のスリリングさには溜息が出るばかりです。あぁ、本当にこのバンドは似ているバンドが無い。何というオリジナリティなんだろうか!
Kadath / 異世界からの旋律
 
(JPRG-008)
 山口のKadath、待望の3rdアルバム(2019年)。ライブでお馴染みの、あの曲やこの曲を収録(^^)。菅原さんの圧巻のギターを支えるソリッドなリズム隊、と言う持ち味をベースに、よりデジタリーでスタイリッシュに仕上げています。緻密なスタジオワークで、きちんと21世紀の音になっているのが良いですね。アングラなJ−POPと言うような不思議感覚の「ワルイエイリアン」で締める構成も面白い(^^)
Yuka & Chronoship
Yuka & Chronoship / Water Reincarnation
 (Musea FGBG 4886)

 キーボード奏者船越ユカと腕利きスタジオ・ミュージシャンが結成したYuka & Chronoshipのデビュー・アルバム(2011年)。キラキラとした透明キーボードと美しいギターをフィーチャーしたインスト・プログレッシブ・ロックです。タイトでうねるリズムに乗って煌めくメロディーの涼やかさが魅力ですね。フュージョン,ニューエイジから王道プログレまで,様々な表情を見せる楽曲の奥行きには溜息が出るばかり。
 
Meganuron
Meganuron / I Bloom Far
 北海道のアネクドテンと評判のメガヌロンの1stアルバム(2015年)。ブルージーなヘヴィ・リフに氷のようなメロトロンが乗り,渦巻くような暗い情景を聴き手の提示する本格的北欧風シンフォです。そして,何と言っても胴鳴りがするようなドラムスを中心とした,ズシリと重く,それでいて抜けの良いバンドのグルーヴにうっとり。正直,メロトロンが無かったらスタンダードなヘヴィ・ブルースかもしれませんが,そういうコアな部分も含めて一級品です。

前ページへ

 次ページへ