Japan  (Page-4)
多加美,Pneuma,Trembling Strain
多加美
多加美 / 天使行 (BELLE 9598)
  唯一無二の音空間を作り出す多加美の1stアルバム('83)。ひたすら暗く、おどろお
 どろしい多加美のVoiceも凄いけど、全く予想も付かない音響を鳴り響かせるプネウ
 マのアレンジが凄い。ジャーマンの影響を超え、独自の深淵を見せてくれます。声と
 エコーのみで成り立つ「イノセンス」「天使行」の壮絶さには金縛り状態!
多加美 / 夢の崖 (BELLE 9599)
  '85年リリースの2ndアルバム(「ゆめのきりぎし」と読みます)。ほんま1st以上に
 おどろおどろしく迫る出来で、1曲目なんか「父さんの手が私を殺すぅ〜」などと言わ
 れて大変困ってしまいます(^^;)。今回も多加美のVoiceは凄いけれどもバックを努める
 プネウマのシンセ・アレンジがまたまた凄い。SEを入れるタイミングやシンセのうね
 りの作り方や意表を突いたアレンジ等々、とにかく本家ジャーマンを含めこれだけの才
 能はいない!そう思わせるほどの非凡さです。
Trembling Strain
Trembling Strain / 巫歌 (BELLE 95116)
  多加美との摩訶不思議かつ壮絶なコラボレーションを行ったプネウマの新ユニット
 Trembling Strainの1stアルバム('95)。巫歌とのタイトルどおり打楽器を中心とした
 呪術的な空間が目の前に現れてきて、神話の時代から続く我が国の古来の伝承を表現
 しているかのようです(プネウマもシンセ・エレクトロニクスを使っていません)。
 全体的に音数が極端に少ないのにも関わらず、作り出される音空間に圧倒されます。
After Dinner
After Dinner / Editions (ReR ADCD 1)
  '84年のアルバム(一部'82年のシングル)"After Dinner"と'86年〜'90年の音源
 を収録した"Live Editions"をカップリングしたCD。エレクトロニクスを駆使し
 て、雅楽的な音空間を作り上げた"After Dinner"は、HACOおキュートな歌も味があ
 りますが、やっぱり音の魔術師宇都宮泰の作り出す音の万華鏡が凄い(個人的には
 彼とプネウマが日本のベストです)。そんじゅそこらのプログレ・バンドが束にな
 ってもかなわない名作中の名作です。"Live Editions"は宇都宮が関わっていない
 分、ほのぼのとした不思議な曲の良さがにじみ出ていますネ。急に凄いギターが出
 てきたと思ったらDada〜Kennedyの泉陸奥彦でした。
After Dinner / Paradise of Replica (Zero 0-1289)
  '89年リリースの2ndアルバム。前作で摩訶不思議な音響を聞かせてくれた
 宇都宮泰は参加していないものの、HacoのVocalを中心にフレーズの断片を
 散りばめたような予想のつかない展開を聞かせてくれます。と書くと、どれ
 だけ前衛的な作品かと思うかもしれませんが、あくまでもキュートで、優し
 く、ちょっと妖しさのあるHacoの「歌」がとても魅力的で、スっとその世界に
 吸い込まれていきます。ある意味、とてもロマンチックな音楽ですね。傑作!
Tipographica
Tipographica / Tipographica (God Mountain gmcd 005)
  '93年リリースの1stアルバム。ひねくりまくりのアレンジ(だけど4拍子らしい)
 に、変に陽気な感覚を混ぜた神経質なフレーズ(エレクトリック・チェンバー時代の
 Zappaのようです)が魅力のティポの'93年リリースの1stアルバムです。その孤高の音
 楽性と超絶技巧に当時誰もがぶっ飛びました(^_^)。実は当時は、やれ「録音が悪い」
 だの「プロデュースが最低、持ち味出てない」だの言われていましたが、実はこのグ
 ルーブ感が無くてスカっと抜けきらないギクシャクした感じが好きな私だったりしま
 す(^^;)。
Tipographica / The Man Who Does Not Nod
               
(Pony Canyon PCCR-00181)
  '95年リリース、メジャー・デビューの2ndアルバムです。'95年春の半?全国Tour
 と'95年8月6日の新宿ピットインでのLiveを収録しています。内容的にはより骨太で
 ハードなグルーブが前面に出ており、激しさを増した音像に思わず絡め取られるます。
 疾走感と言うより爆走感と言った感じか?このグルーブが本来のティポとのこと。広
 島Bad Lands(白島)、岡山PepperLand等馴染みの場所での収録が嬉しい。
Bondage Fruit
Bondage Fruit / Bondage Fruit (Isis - 0111)
  個性的な女性Voice2人を擁するBondage Fruitの1stアルバム('94)。空間を切り
 裂く鬼怒のギター、勝井の艶かしいヴァイオリン、超絶技巧のパーカッション等
 (高良さん!)硬質というか金属質なアンサンブルがひたすらかっこいいです。
 メタル・クリムゾンと言うよりも...メタル・ヘンリー・カウですね。「オクトパ
 ス・コマンド」「金属の胎児」等名曲多数。
Bondage Fruit / Bondage Fruit II (幻の世界 MABO-006)
  女性Voiceを前面に出し、より肉感的になった2ndアルバム('96年)。1stでの金属
 質な感覚は後退し、エキゾチックとも言える内容になっています。岡野の「ドコド
 コ」としたニュアンスのパーカッションが独特ですね。MAGMA度がUPしているという
 噂は本当でした(^_^;)。2声の女性Vocalを前面に出したスタイルとしては一つの完
 成型ですね。最後の「ターミナルマン」の雄大なクライマックスが最高!!
Bondage Fruit / Recit (幻の世界 MABO-008)
  女性Voiceが脱退し、全編Liveで収録された3rdアルバム('97年)。やけにクリムゾナ
 イズされた1曲目や一転しての静謐で透明な空間を作り上げる2−3曲目等、彼らの
 コアな部分が抽出されたようなアルバムです。敢えてLive録音としたことで、独特の
 リズムとうねりを十二分に堪能できます。突出した個性がかっこいいですね。タイト
 ル曲での岡野のDrumsのパワーと持続力に唖然とします。
Bondage Fruit / Bondage Fruit IV (幻の世界 MABO-010)
  1999年リリースの4thアルバム。女性Voice脱退後の編成となってからの2作目で、
 この編成での初のスタジオ録音となります。鬼怒のギター、勝井のヴァイオリンを
 中心とした演奏はメタリックな演奏は今までどおりですが、このアルバムではより
 「間」を意識したような音空間を聞かせてくれます。また、ルーズでブルージーな
 乗りも聞かれ幅が広がったと言うか、なんとなくレイドバックしたような感覚もあり
 ます。
Pochakaite Malko
Pochakaite Malko / Pochakaite Malko
                
(ツチノコ IFRD-0017)
  21世紀J−Avan界の星、ポチャカイテ・マルコの1stアルバム(2001年)。暗黒
 変拍子ゴリゴリとの評判だったのですが、ゴリゴリ度以上にとてもセンスの良いキ
 ーボード・アレンジが魅力。「ここでオルガンがくるかぁ」、「シンセが来ったぁぁ」
 とツボ突きまくりのアレンジが憎い。そして、やっぱりゴリゴリ・ベースの変拍子
 &キメ・ブレークとチェンバー・アレンジに心も飛びます。

前ページへ

次ページへ