Phoenix
  私の大好きなルーマニアの雄フェニックスです。確かにヘヴィで沈むようなリフレインと暗い
 イメージは全然プログレ・ファン向けじゃ無いのですが、そういう暗さと民謡風Vocalの対比に
 何故か胸がときめくのです。
  と言うわけで良い子のプログレ・ファンは王道
Sfinxを聴いてね(^_^;)。
 Phoenix ディスコグラフィー
  1)Cei ce ne-au dat nume(Electrecord '72)
  2)Mugur de fluier(Electrecord '74)
  3)Cant of a blue(Electrecord '76)
  4)Symphoenix / Timisoara (Eurostar '92)
  5)Aniversare 35(Genius '97)
  6)In Umbra Marelui Urs(CAT Music 2000)

  その他にコンピレーションや英語Versionとして多数のLP、CDがある模様ですが、なんと言っ
 ても嬉しいのは、まだまだ彼らが現役バリバリのバンドと言うことですね(^_^)
 <コンピレーション等>
  ・Transsylvania(Bellaphon '81)
  ・Remember(Electrecord (Best))
  ・Vremuri...Anni 60(Electrecord (Best))
 あとメンバーのバンドで
  ・Madhouse / From the East(Antagon '79)
 と言うのもあるらしいのですが、詳細は不明(^_^;)。

Phoenix / Cei ce ne -Au dat Nume (Electrecord EDC 259)(1st)
  ルーマニアのフェニックスの1st、Remasterで出直しました。うん、音がリアルだ。
 でも、やっぱりフェニックスって音が暗いなぁ。ヘヴィで暗い。音的にはずばりジプシー
 風フォーク・ロックなのですが、この辺境系の哀愁と暗さが良い。さすがルーマニア、ヨ
 ーロッパ最深部ですね。この1stは季節をテーマにした組曲をメインに配しながらも、そう
 いうヘヴィな暗さと民謡風の感じがするフォーキーなVocal Partの対比が魅力です。





←謎のポーランド盤(Wydawnictwo 21.001)
  盤起こしで出ていた謎のポーランド盤です。でもジャケはなかなか良いと思います。
Phoenix / Mugur De Fluire (Electrecord EDC 258)(2nd)
  Phoenixの2ndアルバムもRemasterされました。内容的にはフォルクローレ的
 なメロディー・ラインをヘヴィに演奏するという1stの延長線上にあるものです
 が、1分程度の小曲(なんか祭の曲みたいだ)を間奏曲として使い、アルバム
 全体をトータルに構成しています。重い音像と思わず口ずさみたくなるような
 民謡調のVocalラインの対比がPhoenixらしい。



Phoenix / Cant of a Blue (Fanny 100)(3rd)
  ルーマニアのPhoenixの3rd。LPでは2枚組のコンセプトアルバムでした。1st
 のジプシー・フォーク・ロックは進化してこのアルバムでは実にドラマチックなロック
 サウンドになっています。キーボードも結構入っているし、どぐされ系ながらところど
 ころかなりプログレ風。やはり最高作でしょう。
  何回も書きますが個人的にはSfinxよりも気に入ってます。メロディーの暗さがもう
 最高(^_^;)。やはりトランシルバニアだねぇ。




→ Phoenix / Cantafablue (Genius 62832)
  Remaster盤です。少しコンプレッサーがかかっているような気がしますが、音がメチャ
 良くなってます。でもそれ以上に針音と変なひずみ?が無くなったのが一番!(^_^;)
 しかし、アルバムタイトルは"Cant of a Blue","Cantafablue"どちらかが本当なんだろう?
Phoenix / Vremuri...Anni 60 (Electrecord EDC 257)(Best)
  フェニックスの60年代のシングル集。62年からの写真が載っていますが、ひょ
 っとして彼らはビートルズと同世代なのかな?実は音楽性もまさにそのとおりのビー
 ト・ロックでGS的と言うか...うーむ。その後のヘヴィな音楽性への移行なんて「全
 く」感じさせません。我ながら良くこのアルバムを買ったもんだなと思います(^_^;)
Symphoenix / Timisoara (Genius 62831)(4th)
  オーケストラ&コーラス隊と競演した92年作。全曲Phoenixの曲ですが、艶やかな弦
 とコーラスをバックに、よりいっそうエキゾチックになって迫ります。77年以降ドイツ
 に活動の拠点を移していた彼らですが、「ルーマニアでの15年と西側での15年の
 経験が結実した1枚」とのコメントがブックレットにあり。かなりの自信作のようで
 すが、個人的にも彼らの最高傑作だと思います。ちなみにTimisoaraとは彼らの出身
 地で、チャウシェスク政権打倒の拠点になった町との事。
Phoenix / Aniversare 35 (Genius GCD 009)(5th)
  97年の35周年!記念盤。全曲Re-Recodingされていますが、全体的な印象は原曲と
 それ程違いません。演奏が旨くなって迫力が増している分安心して聞けますね。ルー
 マニアの伝統的な旋律を活かした骨太なハードロックは聞く程にかっこいいです。曲
 目的に"Symphoenix"と重なっているので聞き比べてみるのも楽しいです。
Phoenix / In Umbra Marelui Urs (CAT Music 101 2098 2)(6th)
  2000年最新作。スタジオ・オリジナル盤としては75年の"Cantafablue"以来25年ぶり
 になります。ルーマニアン・トラッドに根ざしたエキゾチックなハード・ロックは健
 在で、本作ではさらにイスラム&アラビックなメロディーまで聞かせ(2曲目の曲名
 は「アフガニスタン」!)、さらに音楽の幅を広げています。その堂々としたグルーブ
 はルーマニア・ロック界の大御所として貫禄十分。メロディアスなギターも良いよン。