Poland   (Page-3)
Budka Suflera
Budka Suflera / Cien Wielkiej Gory (AATZ 002)
  ポーランドのBudka Sufleraの1stアルバム('75)。全体的にブルース・
 フィーリングが強いバンドですが、東欧の哀愁のメロデイーで迫るところ
 が胸キュンです。アレンジ面ではオーケストラを導入する等思いの他、垢
 抜けたところもあるのも意外ですね。この1stはイタリアン・ロック風の強
 引な力技を見せるのが魅力で、旧B面の大曲ではNiemenの弾くMoogが唸り
 をあげまくります。ほんま無茶気に入りました。
Budka Suflera / Przechodniem Bylem Miedzy Wami
                     
(NA 003)
  '76年の2ndアルバム。やっぱり辺境風の臭さはあるけど、彼ら独特の哀愁
 のメロディーが最高。この2ndでは1stで見られた強引な部分よりも、ジック
 リと盛り上がる曲が多いのが特徴で、オーケストラやSaxを導入して、メロデ
 ィアスにグッと哀愁を強化して迫ってきます。これも最高!
Budka Suflera / Ona Przvszka Prosto z Chmur (NA 004)
  '80年リリースの4thアルバム。オメガのようなエキゾチックな演歌乗りの
 叙情をたっぷりと聞かせてくれます。リズムセクションがドンシャリの80
 年代風だったり、若干ファンキー度がアップしたりと気になるところはあり
 ますが、なんと言うかこういうベタベタした感覚に(ポーランドらしくは無
 いけど)惹かれんですねぇ。イタリア・ラブ・ロックのような大らかさを持
 った叙情的なタイトル曲が特に良し。
Budka Suflera / Za Ostatni Grosz (AATZ 023)
  Budka Sufleraの5thアルバム('82)。70年代のプログレ風味の音から8
 0年代前半に流行ったAOR風の音に変化していますが、相変わらずの哀愁
 のメロデイーは健在で思わず引き込まれていきます。どっぷりとウェットな
 メロディーはポーランドと言うよりハンガリーかユーゴ系?しっかりとした
 テクニックに支えられて、じっくりと安心して聞けます。
Budka Suflera / Live at Carnegie Hall (NA 038)
  Budka Sufleraのなんと2000年カーネギー・ホールでのLive!。あんたら
 そんなに有名なバンドやったんかぁ!音的にはゴージャスにデラックスに
 なってますが(産業ロック的と言うべきか)、それでも1stから続く哀愁と
 陰りのあるメロディーは健在です。充実のLiveと言えるでしょう。
Exodus

Exodus / The Most Beautiful Day
             (Metal Mind MMP CD 0406)

  20万枚の大ヒットを記録したポーランドのExodusの1stアルバム('80)。
 イエス風ながら暗〜い不思議メロディを活かした正統派シンフォを聞かせて
 くれます。スペイシーで幻想的なサウンドに透明感のある歌が乗り,しっと
 りとしたメロディーが心に響きます。旧B面は片面全てを使った18分の大
 作組曲で聞きごたえ十分。ボーナス・トラックはラジオ音源のインストもの
 Remasterで凄く音が良くなっていて、LPではペラペラの音質だったのが2
 ランク・アップで、あらためてこんなに良かったのかと驚きの連続です。


→(Niepokonani 016 060-2)
  最初にリリースされたCD。ジャケのトリミングが今一ですが、単体では
 これでしか発売されていないので結構貴重(^^;)。リマスターで音質もバッ
 チリです。
Exodus / Supernova (Metal Mind MMP CD 0405)
  Exodusの2ndアルバム('81年)。大ヒットした前作の延長線上にありながら
 も,よりコンパクトになり歌の比重が高まっています。スペイシーで暗めの
 音作りのExodus節は全開ですが,派手なフレージングによる摩訶不思議な感 
 覚は減ったかな?その中でも、しっとりとエキゾチックな美しいバラッド
 ・ナンバーが白眉の出来です。いかにも東欧風の暗めの音が評価を分けるバ
 ンドですが、私は大好きです(^_^)
Exodus / Hazard (Metal Mind MMP CD 0402)
  83年から84年にレコーディングされた3rdアルバムの音源集。未発表な
 がら正式にプレス発表されただけあって,きちんとプロデュースされ,ア
 ルバム構成も考えられた「作品」になっています。内容的にはより輪郭の
 はっきりしたシンフォ・ハード&NWな音になっていて,持ち前のスペイ
 シーさ&暗さを保ちつつ,よりポップで力強さが増しています。キーボー
 ドの冷たくも分厚い音が、チェコなどの当時の東欧風で、今聴くとなかな
 か聞き応えあり。
Exodus / Nadzieje,Niepokoje
           (Metal Mind MMP CD 0403)

  '77年に4日間で録音されたデビュー前の音源集。共産主義時代のポー
 ランド唯一の正統派シンフォニック系のバンドらしく、爽やかで,溌剌と
 したイエス風サウンドを聞かせてくれます。ポーランドらしいチープなキ
 ーボードの音色が気になりますが,暗〜い不思議なメロディーとギクシャ
 ク感が半端無いイエス風な音が、マニア心を引き付けます。10分以上の
 大曲を3曲含むこの音が,大ヒットした1stアルバムに繋がります。
Exodus / Singles Collection
           (Metal Mind MMP CD 0404)

  '77年から解散直前の'85年までにリリースしたシングル曲集。デビュー
 ・アルバム以前の3枚5曲のシングルは,オメガを思わせる泣きのギター
 と陰りのある美しい歌メロが印象的。中でも3rdシングルは10分近いプログ
 レ風大曲で頭一つ抜けた出来。1stアルバムリリース後の2枚4曲は少しポ
 ップで力強いナンバー。'85年のラスト・シングルはメンバー・チェンジ後
 の1枚で共産圏らしい,いなたいエレ・ポップ。曲調に合わない暗〜いメ
 ロディーがたまらん(笑)。ボーナスは2ndアルバム直後の貴重なライブ4曲。
 勢いのある演奏に貫禄を感じます。
Exodus / The Most Beautiful Dream
          (Metal Mind MMP CD 0402~0406)
  2006年リリースの5枚組ボックス・セット。大ヒットした1st"The Most
 Beautiful Day('80年)"、2nd"Supernova('81年)"に加えて、デビュー以前
 の未発表曲集"Nadzieje,Niepokoje('77年)、幻の3rdアルバム"Hazard('83年
 〜84年)、そして'77年から解散直前の'85年までにリリースしたシングル曲
 集。と、まさにExodusの歴史をコンプリートした決定ボックスです。
Exodus / Najpiekniejszy Dzien (EMI 7243 5 30271 2 4)
  Exodusの1stアルバム+それ以前のシングルによるコンピレーション(2000
 年)。CD時代になって一番初めにリリースされたので重宝しました。昔か
 らポーランドのYesと言われていましたが、実はそれ程そっくりではありま
 せん(^^;)。が、透明な歌とハードな中にも広がりのあるキーボード・オー
 ケストレーションは、Yesのエッセンスを取り込んだ正統的なプログレッシ
 ブ・ロックと言えますネ。
Others
Klan
Klan / Mrowisko (Yesterday 830988532-2)
  イタリアン・ロックを思わせるヘヴィ・クラシカルな演奏がマニア心をく
 すぐるポーランドのKlanの唯一のアルバム。確かにヘヴィさの中に無理矢理
 クラシカルさを取り入れ、強引なまでの展開をする楽曲はまさに70年代の
 イタリアそのもの。B級な音ですが、それでもあのイタリア勢と比べても遜
 色が無い、かなりの大穴バンドです。
Stan Borys
Stan Borys / Krzycze Przez Sen
              (Yesterday 830988517-2)

  ポーランドのStan Borysの1stアルバム('70年リリース)。基本的には男声Vocal
 を中心とした歌物ですが、全編にわたって陰影のあるオーケストラ・アレンジ
 がなされており、哀愁のあるメロディーを熱唱する姿はプログレ・ファンにも
 十分聴ける内容となっています。こういう音を聞くとやはりNiemenを思い起こ
 しますネ。
Stan Borys / Szukam Przyjaciela
             
(Yesterday 830988517-2)

  74年リリースの2ndアルバム。オーケストラをバックに熱唱を聴かせるスタ
 イルは前作と変わりありませんが、ストリングスの透明感が増しており、それに
 伴って、曲調もリリカルなものが多くなっています。前作の暗さも良いですが、
 カンタウトーレ的なところも出てきた本作も十分魅力的です。
Test
Test / Wojciech Gassowski (Muza PNCD 184)
  パープルを渋くしたようなブルージーなオルガン・ハード・ロックを聞かせる
 Testの'72年から'74年までのコンピレーション。なんと言うか、パープルのアル
 バムから有名な曲を"抜いて(笑)"、演奏したような曲がずらりとならんでいて、
 メロディアスだけど激しく暗い、独特の感覚で迫ります。ただし、演奏そのもの
 は英国風でかなりの正統派です。妙に地味な"Smoke on the Water"も収録。
RSC
RSC / RSC (PNCD 1531)
  Exodusと並ぶ80年代のポーランドを代表する名バンドRSCの1stアルバム
 ('83年)。エキゾチックなヴァイオリンと哀愁の東欧メロディーを活かし、テ
 クニカルでスピーディーな演奏で攻めてきます。ポーランドのカンサスと言わ
 れてましたが、全然アメリカンじゃない湿ったメロディーがとてもポーランド
 してます。また、80年代らしい垢抜けた音作りも良いですね(^^)
RSC / Czas Wodnika (Victor CD 002)
  復活RSCの第1作となる2ndアルバム('95年)。ヴァイオリン・メインの
 カラッとしたシンフォニック・ロックで、それ程凝ったところの無い構成の
 曲ばかりなのですが、確実な演奏力で最後までじっくりと聞かせます。なん
 かいつの間にか聞き入ってしまうような、そんなタイプのバンドですね。こ
 ういうのを年期と言うんだろうなぁ。往年の1stアルバムよりも良いような
 気もするゾ。
RSC / Parakletos (ARS MUNDI AMS 014 R)
  RSCの再結成第二弾となる3rdアルバム('97)。モア〜ウマグマ期のピン
 ク・フロイドを東欧風にしたようなサウンドで、ブルージーで美しいギター
 を中心とした音を聞かせてくれます。リフレインを多用したサウンドは、プ
 ログレッシブ・ロックと言う程凝ってはいませんが、陰りのあるフレーズを
 丹念に紡ぎ、聞き手を彼らの世界に導いていく力量はさすがベテランと言っ
 た貫禄があります。ヴァイオリンの使い方もとても効果的ですね。
RSC / Aka Flyrock (Lynx LM 41 CD)
  再結成後、順調にリリースを続けるRSCの4thアルバム(2008年)。本作も再結
 成後の特徴でもあるピンク・フロイド風の白玉キーボード(「炎」か?)をバック
 に、演歌調のこぶしの効いた歌声が流れるゆる〜い音空間を聞かせてくれます。い
 やぁ、この感覚は独特やわぁ。
Omni
Omni / Omni (ARS MUNDI AMS 035 R)
  '85年リリース、ポーランドのシンセ3人組の1stアルバム。タンジェリン・
 ドリームをもう少し明るさと広がりを持たせて、シンフォニックにしたような
 感じで、とても親しみやすいシンセ・サウンドを聞かせてくれます。チェロを
 導入したクラシカルな旧B面の大曲(19分以上)はベートーベンのモチーフ
 による力作です。独特の緊張感はスイスのSFFにも通じるような感じがしま
 すネ。

前ページへ