Russia  (Page-1)
Eduard Artemiev
Eduard Artemiev / Warmth of Earth (Musea FGBG 4309.AR)
  待望のCD化。聞いてビックリ全編Remix&RemasterでおまけにBonus曲2曲追加と
 きました。LPに比べてリズム面と雄大さが強調されています。当時はシンフォニッ
 クの傑作として評判になりましたが、スピーディーなジャズ・ロック〜圧倒的な歌唱
 力の女性ボーカル〜テクノ〜うねるギターソロと続くような予想以上に幅広い音楽性
 となっています。こういう「何があるかわからない」ような展開が同一の色で染まっ
 ている、そういう音楽が私の大の好みだったりします(^^)
 (なお、Bonus曲は同じセッションのもののようです。アルバムの途中に入っても全
 然、違和感がありません)
Eduard Artemiev / Three Odes (Electro Shock ELCD 030)
  モスクワ・オリンピックのテーマとして有名なアルテミエフの大傑作アルバム。ブ
 ーメラン・アンサンブルと言うロック・バンドを率いて、オーケストラ&合唱をフィ
 ーチャーしたそのサウンドは、徹頭徹尾プログレッシブ・ロックそのものです。こん
 な曲が旧ソ連の威信をかけたオリンピックの場で演奏されたなんて信じられません。
 タイトでドラマチックでダイナミックなその音は西側のバンドが束になってもかなわ
 ないぐらいのクオリティ。名盤「Warmth of Earth」よりは若干ストイックで冷たい響
 きがありますが、人によってはこちらが最高作と言うぐらいの出来です。ほんまずっと
 待ってたんだヨ〜。追加の2曲はさすがにテンションは落ちていますが、他のOST
 よりも演奏が濃くて良いですね(^^)
Eduard Artemiev / The Odyssey(ElectroShock ELCD 008)
  アルテミエフの新譜。サントラです。で、内容はと言うといかにも映画のサントラ的
 なもので、音楽的な欠陥は無いのですが、私たちがアルテミエフに求めているような音
 楽ではありません。一言で言えばどこにでもあるような映画音楽です(-~-;)。
Eduard Artemiev / A Book of Impressions
               
(Electro Shock ELCD 018)

  アルテミエフの'75〜'96までのサントラ集。彼の他のサントラに比べるとかなりダイ
 ナミックなアレンジの曲が多いのですが、やはりそこはサントラと言うこともあって、
 脈絡の無いと言うか、取り留めの無い印象のものが多くて、聞くのがキツイですね。や
 はり映像が無いとシンドイなぁ。
Avtograf
Avtograf / Avtograf (Melodia C60 24129 000.)
  記念すべきデビュー・アルバム('86)。ハードな中にも洗練された小気味良いシン
 フォニック・ロックで、いかにも80年代と言った感じのお洒落なセンスが感じられ
 ます。東欧的と言うか旧ソ連的なスペイシーな感覚もまた良し。後に産業ロックより
 の音楽性になりますが、透明感のある抜けの良いサウンドはデビュー時からの持ち味
 でした。若干ペラペラした感じもありますが、ロシアの哀愁でそれを吹き飛ばします。
Avtograf / Stone Land (Musea FGBG 4390.AR)
  旧ソ連の大物バンドAvtografの2ndアルバム('89)。プログレファンにも受けた
 1stアルバムに比べて随分産業ロック寄りになっていますが、ロシア語のVocalを
 活かした親しみやすいメロディーは辺境ファンにもうったえるところ大。彼らが
 持つ都会的でお洒落なイメージは、ブルガリアのFSB風と言えば感じがわかる
 かな?
Avtograf / Tear Down the Border(Polystar PSCW-1133)
  '91年リリースの3rdアルバムにして、世界リリースされたInternational盤。日本盤も
 出ていたらしいのですが、ヤフオクでゲットしました(^^)。内容的には、やはりと言う
 か英米型の産業ロックになっているのですが、ハード・ロック風ながら、透明感のある
 メロディーと冷ややかな空間を活かした抜けの良いサウンドが魅力。こういうムーディ
 でありながらいささか冷たさが残ると言う感覚は、西側のバンドとは違う持ち味ですね。
 歌詞は英語。
Avtograf / Avtograf - 1
  ロシアの代表的なシンフォ・バンド。1stアルバムは'86年頃に我が国にもかなり入
 荷しました。アルバムタイトルに「АВТОГРАФ−1」とありますが、これは彼
 らのデビュー前の音源です。
  内容的には1stアルバム以上にシンフォニックな出来で、ほんま気持ちの良いぐら
 いの演奏を聞かせてくれます。ただし、難点はやはりプロデュースの甘さ。もう「む
 き出しのシンセの音」がバンバンで、この辺はいかにも東欧。あとはCDにタップリ
 音源を入れ込んだせいか、水準以下の曲もちらほら。もう少し曲を絞り込んだら全体
 の印象はかなり変わるだろうと思います。少々残念。
Others
Horizont
Horizont / Summer in Town (Boheme CDBMR 008152)
  HorizontかGorizontか悩んでしまうロシアのHorizont(こちらにします(^^;;))
 ですが、私も購入しました(^^)
  85年作の1st。旧A面は海洋地形学の頃のYesを思わす爽やかなシンフォニック。
 テクニックの確かさと心地よいグルーブが魅力です。旧B面は一転してRIOに影響
 を受けたUnivers Zero系の音と解説には書いてありますが、メロディーが綺麗でテク
 ニックビシバシなので暗黒系とかなり違うサウンドになっています。あと解説では
 最後にZeuhlサウンドになるとも書いてありますが、さすがにそういう事はありませ
 んでした(^_^;;)ナンデヤネン
Horizont / The Portrait of a Boy (Boheme CDBMR 008153)
  さらにRIOに接近したと解説に書いてある89年の作品。いきなりの重低音シン
 セに続くギターとシンセの嵐はとてもかっこいい。普通のシンフォニックとはかなり
 かけ離れた音で不協和音で結構攻めますが、メインがシンセでかなりドラマチックな
 アレンジなのが心地が良い。そうかぁロシアではこういうのをRIO系と言うのか?
 大丈夫か>解説者(^^;;)。旧A面中間部の「シンセもごもご」について行けるかが
 勝負の分かれ目か(^_^;)
Epos
Epos / Ilia (Boheme CDBMR 009171)
  1988年にサンクト・ペテルスブルグで制作されたコンセプト・アルバム。エキゾチッ
 クで荘厳なメロディーを男女Vocalistと見事に歌い上げていきます。クラシカルなバッ
 クもなかなかである意味ワールド・ミュージック感覚もあるかな?と思いました。が、
 実は全編ずっと同じような感じで、聴いていていささか疲れました。もう少しヴァリ
 エーションとか無いのかいな
Arsenal

A.Kozlov & the Arsenal / Scorched by Time I
                 (Boheme CDBMR 809001)

  Alexei Kozlov率いるArsenalのCDが4枚ほど、例のBohemeレーベルから
 リリースされています。このScorched by Time Iは1曲目〜4曲目がArsenal
 の1stアルバムからで、5曲目以降が未発表曲になっています。
  内容的には、ロシアのジャズ(ロック?)と言うので、アヴァンギャルド色の
 強い物かと思っていましたが、例えば1曲目は派手目のブラスロック〜Moonchild
 後半みたいな感じだったり、3曲目は硬派ジャズロックからロシア語の優しい
 Vocal曲へと変わったりと、結構メロディアスでスーピディーなジャズ・ロック
 でした。個人的には凄く気に入ってます(^^)



→Джаз-Рок Ансамбль(Melodia C60 12209-10)
  Arsenalの1stアルバム('77年)
A.Kozlov & the Arsenal / Scorched by Time II
               
(Boheme CDBMR 809002)
  A.Kozlov & the Arsenalのコンピレーション第2弾。今回は'83年リリース
 の2ndアルバム"Created with their own Hands"を中心に収録。丁度1,2,3,10曲
 目が2ndアルバムの曲になります。2曲目のタイトルが"Dedicated to Mahavishnu"
 と言う意味からわかるとおり、スペイシーなシンセ・ギターをフィーチャーし
 たエキゾチックなシンフォ・ジャズ・ロックになっています。爽やかで冷やや
 かなメロデイーに絡むGuneshクラスの迫力のリズムセクションが素晴らしい!
 4〜9曲目のUnreleasedトラックはクラシカルなピアノやアコギの弾きまくり等
 もう少し多彩な内容となっています。
L.Snbramaniam
L.Snbramaniam / In Moscow (Boheme CDBMR 909095)
  Snbramaniamはロック界では有名なインド人ヴァイオリニスト シャンカールの
 兄弟と言うことですが、このアルバムもヴァイオリン引きまくりの素晴らしいアル
 バムです。1曲目こそ美しいメロディーを活かしたゆったりとした味わいの曲です
 が、2曲目以降の超絶ジャズロックが素晴らしい。個人的にはやたらいろいろな
 パーカッションが飛び込んでくる2,3曲目がBestかな?4、5曲目はもう少し
 モダンなフュージョンに近い音になってます。
Mikhail Chekalin
Mikhail Chekalin / Concerto Grosso No.1
                (Boheme CDBMR 009169)

  タイトルにそそられるMikhail Chekalinの89年の作品。と言いながら内容は
 Concerto Grossoなどと言う優雅なクラシカル色のあるものでは無くて、冷たく重い
 空間をひたすら創造していく異色の作品でした。所謂、シンセものですが、ドイツ
 のものよりも200℃は低い、まさに極寒の音。ブラス・セクションに呪文のような
 Vocal、冷たいオーケストラ、それらが溶液の中に溶け込んで、グチャグチャな音
 の迷宮を作り上げています。なんとも「ありえない世界」です。凄い!!!
Mikhail Chekalin / Concerto Grosso No.2
                (Boheme CDBMR 012189)

  No.1と同じ年にリリースされた続編。こちらも「どこがConcerto Grossoだ(笑)」
 と言うような内容に仕上がっていますが、No.1に比べると派手でカラフルかつダ
 イナミックな音に仕上がっています。それでも、ぐちゃぐちゃに混ざる音世界は
 全然変わっていなくて、やっぱり創造できない感性です。参りました(_ _)。
  ブックレットに彼の写真が載っていますが、思い切り神経質そうなその風貌を
 見てなるほどと思った次第です。ウーム。

次ページへ