My熱中アルバム過去LOG(Page-24)

230 Cherry Five / Il Pozzo dei Giganti
             
(Black Widow BWRCD 181-2)
  オリジナル・メンバーである,トニー・タルタニーニとカルロ・ボルディーニによ
 り復活したチェリー・ファイブの29年ぶりの2ndアルバム(2015年)。ダンテの神曲を
 テーマとした大作3曲入りで,1stアルバムと違い全編イタリア語で歌われています。
 歌心溢れるイタリアン・テイストと、チェリー・ファイブらしいタイトでシャープな
 王道プログレ色の融合が見事ですね。ヴィンテージ・キーボードを使いながらも,
 21世紀型のハイセンスな音を聞かせ,かつチェリー・ファイブはあくまでもチェリ
 ー・ファイブのままで帰って来た傑作アルバムです。(2015/11/30)
231 Zara-Thustra / Best of (SIRENA SIR 2148)
  ドイツのエレポップ・シンフォZara-ThustraのBestアルバム(2015年)。1stアル
 バム"Eiskalt('82年)",2ndアルバム"Psycholopoly('83年)",3rdアルバム"Titter
 der neuen Zeit('84年)"から5〜6曲づつ全16曲収録されており,エイジア的
 なキャッチー・ポップス,80年代的なエレポップから,エニド風の本格的キー
 ボード・オーケストレーションの曲まで,洒落たセンスで聞かせてくれます。ド
 イツ語の歌もゴージャズなキーボードも最高。Teldecからのメジャー・リリース
 なのでサウンド・クオリティが高いのも良いですね。(2016/1/10)
232 Pope Francis / Wake Up! (BelieveDigital CDBLV201508)
  ローマ教皇フランシスがロック・アルバムを出したとして評判になった2015年作。
 オルメのTony Pagliucaも作曲、オルガンで参加。教皇の説教をはさみつつつ、全体
 的にはエレクトロニクスをセンス良く取り入れたカンタウトーレ&カンタウトリー
 チェ風のアルバムに仕上がっています。清廉な合唱やほんのりと香る地中海色も良し。
 21世紀の教会音楽を期待したら、予想に反してバッティアート&アリーチェ風の楽
 曲が飛び出してくるのは、流石イタリアです(^_^)(2016/4/17)
233 Toto / Toto XIV (King KICP 1724)
  9年ぶりのリリースされた2014年作。スティーブ・ルカサー、デビッド・ペイチ、
 スティーブ・ポーカロの3人のオリジナル・メンバーにジョセフ・ウィリアムスも加
 わりミステリアスでドラマチックな「プログレッシブTOTO」の音を聴かせてくれ
 ます。とにかく全編を覆う、近未来を感じさせるような柔らかスペイシーでシンフォ
 ニックな感覚が素晴らしいですね。ちなみに「XIV」とは名作「IV」に続くアル
 バムだから「XIV」らしい(ドヒャーーー)(2016/7/27)
234 D Mirro / TAKO Reloaded (2010/011)
  旧ユーゴ、TakoのギタリストMiraslav Dukic=D Mirroによるセルフ・トリビュート・
 アルバム(2009年)。全てMirroによる一人多重録音ですが、緻密なプログラミングと流
 れるようなギターによって、「あのTakoのサウンド」が現代に蘇っています。よりテク
 ニカルで、よりミステリアス、そしてモダーンな音はもう21世紀のプログレそのも
 の。選曲は1stから3曲、2nd全て、そしてシングルから1曲と言うもの。(2016/12/18)
235 Anderson/Stolt / Invention Of Knowledge
               (InsideOut 88985326562)

  2年がかりで制作されたジョン・アンダーソンとロイネ・ストルトの奇跡のコラボ
 アルバム(2016年)。ロイネのスェーデン人脈にジョンが加わったような布陣ですが、
 出て来た音はフラワーキングスを「海洋地形学の物語」か「究極」の頃のイエス風に
 したようなサウンドで大満足。包み込むような色彩感とふんわりとした多幸感に彩ら
 れていて、とっても「不思議なお話」な音です。ロイネの究極期ハウ師匠風ギターも
 良し!!あと個人的にはこの幸せな感じは"Heaven & Earth"にも近いと思ってます
 (^ ^)(2017/1/22)
236 Kadath / 煉獄楽団 (JPRG-003)
  山口のKadathの2ndアルバム(2016年)。菅原のテクニカルなギターを中心としたモダン・
 ヘヴィなインスト中心の4人組で、激しいリフレインがどんどん加速し、その上に透明で冷
 たいキーボードが乗る、その対比が鮮やかでかっこいいですね!ジャケットのとおりのおど
 ろおどろしく邪悪なイメージもありますが、良く鳴くギターの美しさとバンド一体となった
 楽曲のスリリングさには溜息が出るばかりです。あぁ、本当にこのバンドは似ているバンド
 が無い。何というオリジナリティなんだろうか!(2017/3/26)

次ページへ