Denmark   (Page-3)
Progressive
Midnight Sun
Midnight Sun / Midnight Sun (Black Rose BR 139)
  ロジャー・ディーンのジャケットで有名なMidnight Sunの1st('71)。ジャケはカ
 ラフルなんですが、内容は随分違って、ブルージーなジャズ・ロック。ずばりあの
 グルグルVertigoレーベル系の音です。浮遊感のあるピアノをフィーチャーしたジャ
 ズロックは70年代初期の流行ですが、それにファズの効いたギターやSaxがブルー
 ジーに絡むところは渋いの一言。デンマークってこういう系統の音、多いよね。後
 半の大曲のアドリブ合戦が良い。
Midnight Sun / Walking Circles (Free Records FR 2009)
  同じくロジャー・ディーンのジャケで有名な'72年リリースの2ndアルバム。座る骸骨
 が印象的です。1stアルバムの延長線上にあるブルージーなジャズロックですが、こち
 らはよりコンパクトになっています。後半、おなじみ長めのインプロ(アドリブ合戦?)
 がありますが、1stの方が迫力や展開の面で上ですね。あとマスターの(保管状態の?)
 せいだと思いますが、なんとなく音が悪いのが気になります。
Midnight Sun / Midnight Dreams (Free Records FR 2009)
  '73年リリースの3rdアルバム。一聴して音が良くなっているのが嬉しい。音的には
 1st,2ndと同傾向ですが、流れるように繋がるまとまりの良い楽曲に成長の跡が見られ
 ます。後半はお馴染みのインプロ(アドリブ)大会。彼らの3枚のアルバムの中でど
 れか一枚と言われたら個人的にはこのアルバムがお勧めです。
Young Flowers
Young Flowers / 1968-1969 (Sonet 533 819-2)
  デンマークのYoung Flowersの1st"Blomsterpistolen('68)"と2nd"Young Flowers
 No.2('69)"の2in1。未発表曲1曲入り。Creamと同編成のブルース&サイケ・サウ
 ンド。激しく迫るギターも良いけど、それと対照的な北欧風のウェットな歌メロが
 なかなか良いのです。
Young Flowers / Live 1969 (Karma Music KMCD 1969)
  69年の未発表Live。なんと全曲未発表曲、ですがオリジナルアルバムの曲とあ
 まり区別出来ません(^^;)。全編ブルージーなギター、ベース、ドラムスの弾きま
 くり、叩きまくり、なんだけど音が悪いんで、今一浸れないのが残念。
Symphonic
Zaragon
Zaragon / No Return (APM 9405 Symphilis 1)
  84年にリリースされたZaragonの唯一のアルバム。キーボードを中心とした典
 型的なプログレッシブ・ロックを聞かせます。とにかく良く通る声のVocalistが
 魅力的でややポップな印象のメロディーをジックリと歌います。少しベルギーの
 マキアベリに似たところがあるかな?ただし、バックの演奏はテクニック的に今一
 で、「ジェネシス風変拍子はちょいとあんたらには無理でっせ」と言いたい。
Etcetera
Etcetera / Fin de Siecle (Record Heaven RHCD14)
  ギター、キーボードをフルに使いこなすマルチ・ミュージシャンを中心に結成
 されたEtceteraの1st('98)。1曲目なんか歌のバッキングがバンクス風で展開す
 るとエマーソン、オルガンソロはカンタベリー(デイブ・スチュワート)てな感
 じで圧倒的に迫って来てビックリしますが、他の曲は少々凡庸な感じがあって残
 念なところ。1曲目の感じで、曲を練って来たらかなり面白い存在だと思います。
 (ちなみにギターはテクニカル・メタル風(^^;)。ハケット風じゃ無かったのね
 ぇ)
Etcetera / Tales of Ardour & Deceit
              (Record Heaven RHCD39)

  2003年新作2nd。リーダーでマルチ・ミュージシャンのソロ・プロジェクト
 になってしまいましたが、音的にはより力強さ、バンド的なグルーブ感が増し
 ています。前作では借り物風のメロディーがやけに目立っていましたが、本作
 ではあまり感じられず、フラワーキングスにも通じる見事な構築的シンフォニ
 ック・ロックとなっています。前作はキーボードの比重が高かったけど、今回
 はギターが大活躍で、特に1曲目は白眉の出来。
Pia Raug
Pia Raug / Iskrystaller & Saga(Side 2) (Exfibris EXLCD 50.010)
  デンマークの歌姫Pia Raugの名作IskrystallerとSagaのB面半分のコンピレーショ
 ン。一時かなり評判になったので私も挑戦しました。が、これが歌はうまいものの、
 どう聞いても普通の歌なんですよね。「冷たい北欧の」とか「伝統的な歌唱が」とか
 そういうのを期待していたんですけどねぇ。
Pia Raug / Forar I Menneskenes Land (Exlibris EXLCD 30.036)
  Pia Raugの最高作と呼ばれている89年の作品。冷ややかな感性に包まれて始まる美
 しい作品で、ところどころに息をのむような瞬間がある。それでもシリアスになり過ぎ
 ずクラシカルな感覚や良い意味でのPop&Rock的な部分があり、多彩でバランスの良い
 仕上がりになっているところが、最高作と呼ばれる所以かな?

前ページへ

次頁へ