Italy  Neo Progressive - WMMS Label
WMMS (Music is Intelligence) Label
Asgard
Asgard / Arkana (WMMS 018)
  Asgardの3rdアルバム('92年)。ジェネシス風味のある優しいイメージのNeo Prog.
 ですが、今一メリハリの無かった1st,2ndから急成長。従来の幻想的でソフトな感覚
 はそのままに、よりダイナミックに力強さを増した演奏は一つの到達点となりました。
 ハード・エッジなギターなんか次作以降のプログレッシブ・ハード路線を予感させる
 ようです。ところどころ冗長な部分も残っていますが、かなりの完成度です。
Asgard / Imago Mundi (WMMS 028)
  イタリアのAsgardの4thアルバム('93)。Genesisから影響を受けた若干ポンプ系の
 音がするバンドです。前作"Arkana"で引きの魅力を活かした完成度の高い音世界を構
 築しましたが、本作ではなんとテクニカル・メタル系のアプローチを取り入れ、より
 メリハリのあるサウンドへと変化しました。今まで叙情的ながら、どことなく冗長な
 ところがあったのが、メタル風味によってロック的な力強さとドラマチックさが出て
 きて、この変化は大正解。まさに一皮向けた1枚です。
Asgard / Drachenblut (Dragons Music DRMUS 002)
  所属レーベルの倒産やメンバー・チェンジ等により7年ぶりの作品となった5thア
 ルバム(2000年)。前作でのメタル風味は控えめになっていますがメリハリの効いた音
 作りは健在で、クリアな録音状態とも相まって、とても充実した作品になっています。
 Dragonをテーマにしたトータル・アルバムですが長い展開も飽きさせる事無く聞かせ
 ていきます。うーん、このアルバムがやっぱり最高傑作ですね。
Garden Wall
Garden Wall / Path of Dream
  2ndアルバム。1stアルバムの時からチープな音ながら印象的なメロディーで際だ
 っていた彼らですが、この2ndアルバム
ではさらにパワーアップ。
  クラシカルなパートとハードなギター中心のテクニカルなパートに大きく分けられ
 ますが、引きの部分のメロディーの個性は白眉。ただし、プロデュース面で「予算が
 足りんかっただろうなぁ(^^;)」と思わせる部
分があってそこが少し残念。
  彼らはこの後3rd「The Seduction of Madness」でプロデュース面の甘さを克服、
 さらなる成長を遂げますが、音楽性はプログレ・メタル系の音に変化しました(この
 変化は結構ビックリしました(゚゚;))。
Garden Wall / The Seduction of Madness (WMMS 080)
  リズムセクションを加え、バンド形態になった3rdアルバム('95)。へヴィでテク
 ニカルなメタル&プログレッシブ系の音になっており、前作のメロディアスな音作
 りから考えると物凄く変わったような印象を受けます。やはり、これはドリシアか
 らの影響かなぁ?邪悪な雰囲気をセミラミス風と言うのは言いすぎ?(^_^;)
Garden Wall / Chimica (WMMS 117)
  97年リリースの4thアルバム。1曲目が33分におよぶ大曲となっていますが
 ヘヴィ&テクニカル路線は本作でもそのまま。いや、さらに徹底してるなぁ。ドリ
 シアで言えばAwakeと言ったところか?
Quasar Lux Symphoniae
Quasar Lux Symphoniae / Abraham-One Act Rock Opera
                   
 (WMMS 038/039)
  初めての世界ディストリビュートとなるQLSの3rdアルバム('94年)。いきなりの
 
2枚組のロック・オペラだったりします。レーベルがカスが多いWMMSだったり
 ブラハムがどーたら、こーたらと言った、いかにもダサイ感じ(^^;)がして敬遠し

 いたのですが、これがメリハリが良く効いたしっかりとした作りのシンフォニッ
ク・
 ロックでした。演奏テクニックもしっかりとしていて、アルバム全体の構成も
よく考
 えられているから、長丁場もだれません。ほんま先入観は敵ですね。少し
反省せねば
 アカンぞ>わし(^^;;;)
Quasar Lux Symphoniae
   / The Enlightning March of the Argonauts
(WMMS 127)
  Quasar Lux Symphoniaeの4thアルバム('96年)しかし、このバンドほんま上手い
 わ!やっている事は典型的なクラシカル・ロックなんだけど、クラシカルなフレー
 ズをシコシコと演奏するだけでは無く、音色の選択やリズムの構築等々よく錬られ
 ていて、ダイナミックに迫ってきます。
Quasar Lux Symphoniae / Mit (Mellow MMP 382)
  ますます好調QLSの5thアルバム(2000年)。なんかイメージ的にセミ・クラシック
 風のイージーな音を想像していたのですが、クラシック的な叙情とロック的なダイナミ
 ズムが巧くマッチしていて聞いていて飽きません。切り返しのうまさとか静と動の対比
 などは非常にプロフェッショナルな作りで驚きです。クラシック的なソプラノとカンツォ
 ーネ風の女性Vocalの使い分けもセンスが良いぞ!
3rdから5thアルバムまで、どのアルバ
 ムもレベルが高いゾー(^^)

前頁へ

次頁へ