Italy  Neo Progressive - Musea Label
Musea Label
Eris Pluvia,The Ancient Veil
Eris Pluvia / Rings of Earthly Light (Musea FGBG 4048.AR)
  さわやかなリコーダーの音色が印象的なEris Pluviaの1stアルバム('91)。本当に涼や
 かな感じのするバンドで、爽やかなリコーダー,Raindanceの頃のCamelを思わせるムーデ
 ィーなSaxがとても心地よいですね。展開すると7拍子でシネマショウになってしまいとこ
 ろにもニヤリとさせられます。隣で聴いていた妻が「こういうのを癒し系って言うんだよね」
 と言っていましたが、91年に癒し系と言う言葉があったかどうかは別として(笑)、本当
 にそのとおりの音です。
The Ancient Veil / The Ancient Veil (Mellow MMP 280)
  The Anzient VeilとしてリリースされたEris Pluviaの中心人物Alessandro Serri
 とEdmondo Romanoのユニット。Eris Pluviaのロック的な乗りを押さえ、美しさの核
 を抽出したような出来で、サックスやリコーダーをフィーチャーした癒し系イタロと
 でも言うような爽やかなシンフォニック・ロックをやっています。クラシック、室内
 楽、古楽等のイタリアの伝統が彼らの音楽に滑らかに溶けています。なお、何故か歌
 詞は英語(全然似合わねぇぇ)
Montefeltro
Montefeltro / Il Tempo di far la Fantasia
                   (Musea FGBG 4072.AR)

  溶けるような詩情を奏でるイタリアのユニットの1stアルバム。このアルバムが出た90
 年代前半は、イタリアからもようやくきちんとした音楽が出来るバンドが現れだした頃な
 のですが、他のバンドが「押しの一手」的なところばかりだったのに対して、Montefeltro
 はいかにもイタリアらしい叙情性を、包み込むようなキーボードとタイトなサウンドに乗
 せて聴かせてくれました。
  ギターのロング・トーン、シンセのアルペジオにはかなりGenesisの影響が強いのです
 が、それもまた、彼らの音楽に微妙に溶け合って良い雰囲気を醸し出しています。
Montefeltro / Il Pesce Rosso (Mellow MMP 413)
  Montefeltro待望の2ndアルバム。ギタリストだけのプロジェクトになったみたいです
 が、音楽性は全く変わっておりません。キラキラと輝くようなギター・フレーズとタイ
 トで引き締まったリズムセクションをバックに優しくナイーブな歌声が広がっていきま
 す。キメのフレーズにPFM風やジェネシス風のメロディーをはさんだりと思わずニヤ
 リとさせるところもセンスが良いですね(^^)
Barock Project
Barock Project / Misteriosevoci (Musea FGBG 4728.AR)
  ボローニャ出身のBarock Projectのデビュー・アルバム(2007年)。エマーソンを明るく
 したようなテクニカルで派手なキーボードを軸に、抜けの良い適度にハード・ポップなシ
 ンフォを聞かせてくれます。少々産業ロックっぽいところもありますが、イタリアらしい
 リリカルなフレーズが良いワンポイントになっていて、アルバムに華を添えています。
Jester's Joke
Jester's Joke / Just a reason to be out there
                  
(Musea FGBG 4046.AR)
  '91年リリースのイタリア新人デビュー・アルバム。当時雨後の筍のように出てきた所謂
 マリリオン・タイプのポンプ・ロックで、英語で歌われていることもあり、イタリアらしさ
 もほどんどありません。丁度スペインのGaladrielやスイスのDeyssのようなMusea特有の音
 と言えば良いかな?ただし、演奏力も平均点ながら、しっとりとした情感のあるメロディー
 とスパっと切り替わる場面展開で、結構聞けたりするんですよね。不思議な魅力のあるVocal
 も意外と良いです。
Tale Cue
Tale Cue / Voices beyond my Certain (Musea FGBG 4030.AR)
  Tale Cueの唯一のアルバム('94)。女性Vocalを活かしたポンプ系シンフォニックで、マ
 リリオンをよりウェットで叙情的にしたような感性とダイナミックに展開する鮮やかなア
 レンジはなかなかのもの。クラシック・ギターや透明なキーボードのクラシカルな感覚は
 いかにもイタリア的ですが、全体的には、どちらかと言うと英国風(歌詞も英語やしね)。
 乗りの良い部分で展開が雑になるのが残念ですが、2ndアルバムが聞いてみたいバンドでし
 た。
Fancy Fluid
Fancy Fluid / Weak Waving (Musea FGBG 4036.AR)
  ファンタジックなイラストに包まれたFancy Fluidの1stアルバム。内容的にもジャケット
 そのままで、メロディアスなギターが美しいソロを奏でていきます。ただし、Vocalがどち
 らかと言えばポンプ系で、例えばジェフ・マンがいた頃のTwelfth Nightのようなガレージ
 系ポンプ(そんなのあるんか?(^^;))的なんですね。そういう訳でリリース当時(89年)は
 ジャケで期待して、内容でがっかりした人が多かったような気がします。私は気に入ってい
 るんですけどね(ジャケが綺麗すぎるのでは?)。
Fancy Fluid / King's Journey (Musea FGBG 4065.AR)
  ファンタジックなトータル・アルバムとなったFancy Fluidの2nd('92)。Camel,Genesis
 の影響を受けた若干ポンプ風味のシンフォニック・ロックと言う路線は変わっていません
 が、前作以降リズムセクションが抜け、3人編成となったこともあって、引きのパートを
 活かした叙情的な展開が大幅に増えています。奇を衒った展開はありませんが、丹念に音
 を紡いで行くのは好感が持てますね。また、ヴァイオリン、フルート、バグパイプ等を導
 入しより色彩感を増しているのも良いです。なお、Bancoのロドルフォさんがゲスト参加し
 てます。
Overdrive
Overdrive / Human Machine (Musea FGBG 4029.AR)
  '91年リリースのOverdriveの唯一の作品。ジャケットやグループ名からどんな鋼鉄メタル
 (笑)が出てくるかと思いましたが、とってもご機嫌なキーボード・シンフォだったので、
 まずは一安心。8ビートのリズムにキーボードが分厚く絡むキャッチーなパワー・シンフォ
 です。カラフルなキーボード・オーケストレーションが印象的な2曲目等、なかなか聞かせ
 る佳曲もあります。最近はこういうバンドは少なくなりましたが、カリオペ以前には結構良
 くいたタイプのバンドです。
Men Of Lake
Men of Lake / Out of the Water (Musea FGBG 4095.AR)
  結構、ドグサレ系のサウンドを得意としているMen of Lakeの3rdアルバム('94年)。1曲
 目は確かにVirtigo系の音作りで、イタリアで言えばBlack Widowレーベルからリリースし
 た方が良かったのでは無いか?と言う様な曲となっています。ところが、このアルバムは
 その後が違う。2曲目以降はミドルテンポの軽快な曲調になり、キーボードも浮遊感のあ
 る音に変わっています。うん、こういう音は中期Hawkwind系だなぁ...思わずゆったり
 と聞き込んでしまいますね。イタリア臭さはあまりありませんが、心地よい乗りが良いです。
Men of Lake
   / Music From the Land of Mountains,Lake and Wine

                   (Musea FGBG 4235.AR)
  '98年リリースの4thアルバム。前作の2曲目以降を更にメロウにしたような出来で、流
 れるような泣きのギターを中心としたキャメル風サウンドが特徴です。英語で歌われてお
 り,イタリア色はほとんど感じませんがソフトでドリーミーな音は90年代のMuseaレーベ
 ルの音そのもの。ただし、Vocalとリズムが弱くてアマチュアっぽさが抜け切れないのと,
 ジャケットのお粗末さが残念。
Narrow Pass
Narrow Pass / A Room of Fairy Queen's
                   
(Musea FGBG 4658.AR)
  ギタリスト&キーボード奏者Mauro MontobbioのプロジェクトNarrow Passのデビュ
 ー・アルバム(2005年)。Mauroの伸びやかなギターを活かした鮮やかなシンフォで、
 あふれ出る瑞々しさに圧倒されます。この爽やかさはどこかNew Age系の「癒し感覚」
 もあって、これもとてもセンス良し。そして、女性Vocalをフィーチャーした曲がま
 た堪らなく最高です。これは名作!
Narrow Pass / In This World and Beyond
                   
(Musea FGBG 4809)
  マルチ・ミュージシャンと女性Vocalのユニットの2ndアルバム(2008年)。ため息が出
 るような美しい歌声と,心洗われるような瑞々しいアコースティック・パートからジェ
 ネシスいやハケット風ギターがうなるシンフォニック・パートへのドラマティックな展
 開が圧倒的!少しケルト色を聞かせるところも良いですね。1stも桁外れでしたが本作も
 凄い。ずばり,ルネサンス+ハケット風!

前頁へ

次頁へ