Italy  Neo Progressive - Finisterre
Finisterre
Finisterre / Finisterre (Mellow MMP 254)
  95年リリースのFinisterreの1stアルバム。2ndアルバムで可憐で目眩く見事なシン
 フォニック・ロックを聴かせてくれた彼らですが、このアルバムでも同路線ながら、若
 干未消化な部分が目立っています。激しいサウンドとロマンチックなサウンドを混在さ
 せて新たな音を創り出そうとはしていますが、今一バランスが悪いのが残念!
Finisterre / In Limine (Mellow MMP 291)
  現在のイタリアを代表するバンドFinisterreの2ndアルバム(96年発表)。今も昔も
 イタリアのバンドって、叙情性重視のバンドはテクニックが無く、テクニックがあるバン
 ドは、ちょいと奇天烈な音楽性(^^;)すぎる嫌いがあるのですが、このFinisterreは
 フルートをメインにクラシカルな叙情性を全面に出していて、しかも「テクニックが安定
 している!」とイタリアらしく無いと言うか、そういうバンドです。クラシカルな叙情と
 今日的なシンフォニック・ロック的なイメージ(ハケット風ギターとか)のバランスがとて
 も良い。
Finisterre / Live...ai margini della terra fertile
                   
(Mellow MMP 336)
  '97年のProgliveとLoanoでのLiveを収録。丁度、名作"In Limine"をリリースした頃で、
 綺麗なフルートをワンポイントに70年代的なメロディアスさと90年代以降の洗練された
 感覚の混ざりぐあいが独特です。前半が"In Limine"からで、後半が1stから、Liveなら
 ではのグルーブで、曲に新たな魅力を加えています。広がりのある分離の良い録音で曲
 の構成が良くわかるのも良いですね。
Finisterre / In Ogni Luogo (irIdea THX 1138)
  '98年リリースの4thアルバム。フルート娘が脱退し、表面的なクラシカルさは後退し
 ましたが、力強いリズムに乗って、「人工的な美しさ」のある不思議な感覚のシンフォ
 ニック・ロックへと変化しています。ヴァイオリン等を民族音楽風に迫るパートもあっ
 て、随分音楽性も広がっていますね。アルバム全体に心地良いグルーブがあるのが個人
 的にはお気に入り。この後、数々のサブプロジェクトを始動させるのは衆知の事実。
Finisterre / Harmony of the Spheres (Mellow MMP 422 AB)
  初期のデモやMellowの企画CDに収められたカバー曲、Liveを集めたコンピレ
 ーション。Finisterreだけでは無くHostsonatan等のサブ・プロジェクトからも収
 録されています。デビュー以前のデモはさすがに荒い(と言うかチューニング合
 ってないぞ)のですが、ジェネシスやキャメルのカバーでは持ち味全開。バロッ
 ク調のVDGGやPFMのAlta Romaの熱い演奏は彼らには意外な出来。これは誰
 も想像できません。その他、Liveでも充実した端正な演奏でじっくりと聞かせて
 くれます。彼らの成長と幅広い音楽性が確認できる名コンピ!!
Finisterre / La Meccanica Naturale (Immaginifica QQ 1002 CD)
  Finisterre待望の4thアルバム(2004年)。前作が'98年でしたから6年ぶりの新作
 になります(と言っても間に一杯サブプロジェクトがありますが...)。新たにキー
 ボーダーが加わり、より自然な叙情を聞かせるようになりました。以前は少々プロ
 グレ的なスタイルにこだわり過ぎているような気がしましたが、スタイルそのもの
 よりも音楽そのものの魅力で勝負といったところでしょうか。その上で、壁のよう
 なギターのうねりの中で退廃的な感覚を見せるような新機軸も聞かせて、挑戦する
 心も失っていません。そう言えば彼らのスタジオ盤って4作とも音楽性が違ってい
 て、本家で挑戦し、サブの方で趣味に走っているような気もしますねぇ(^_^;)
Finisterre / Storybook (Moonjune MJR002)
  97年のProgday(アメリカ)でのLive。以前、同じく97年のProglive(フラ
 ンス)でのLiveが出ていましたが、それとほぼ同じ選曲でのLiveアルバムになっ
 ています。選曲的には前半部が2ndアルバム、後半部が1stアルバムからで、フ
 ルートの甘いメロディーやメロトロンを前面に出した2ndの曲がやはり良い。
 以前のLiveアルバムと比較してよりメリハリの効いたミックスになっているの
 もポイント高し。PFMのAltalomaやクリムゾン、ジェネシスのフレーズが出てく
 るのもこれまた楽しいですね。
Hostsonaten
Finisterre Project / Hostsonaten (Mellow MMP 320)
  FinisterreのBassist Fabio Zuffantiのプロジェクト('97)。Finisterre Project
 名義になっていますが、実質的なHostsonatanの1stアルバムになります。内容的に
 はFinisterreのナイーブでクラシカルな面を抽出したような出来で、ロック的に展
 開するところでも端正なイメージがあります。我が国の夢幻やシンデレラ・サーチ
 の曲も取り上げるなど、マニアックな面もあって思わずニヤリ。CD背表紙、裏表
 紙はタイトル間違い。おかげでわたしゃずっとタイトルをHostonatanと思ってまし
 た(^^;;)
Hostsonaten / Mirrorgames (Mellow MMP 345)
  Finisterre Project改めHostsonatenとなっての1枚目('98)。Finisterreとメン
 バーもほぼ同じで音も同傾向ながら、よりシンフォニック・ロック的と言うか、ギ
 ター、キーボード等典型的なフレージングと構成でロマンチック&ドラマチックに
 迫ります。1曲目からして24分以上の組曲で、おまけに、ここぞと言うときにメ
 ロトロンが鳴るんですよね。
Hostsonaten / Springsong (Sublime I-122001)
  Hostsonatenの3rdアルバム(2002年)。"SeasonCycle Suite"と名付けられた一連
 の組曲のPart4と言うことで、Springsongとのタイトルどおり今回のテーマは「春」
 です。内容的にも「春」のイメージどおり、アコースティック楽器の響きを効果的
 に使った、清々しい仕上がりとなっています。ロック的なところは美しいメロディ
 ーを印象的に、クラシカルなところではジックリと落ち着いて聞かせます。いやぁ、
 癒されるナァ。Finisterreも含めて彼らの最高作ではないだろうか?Good Musicで
 す。
Hostsonaten / Winterthrough (AMS 133 CD)
  Hostsonatenの4thアルバム(2008年)。先にPart4として"Springsongがリリースされ
 ていた"SeasonCycle Suite"のPart3にあたり、今回の季節は「冬」です。今回も前作
 級の仕上がりで、オープニングの冷ややかなメロディーを氷のようなメロトロンが覆
 い尽くすところで、もう既にノックアウトです(笑)。アコースティックな「無垢の音」
 を聞かせながらも、ロマンチック&シンフォニックにアトラクティブに展開するとこ
 ろもバッチリ決め、様々に表情を変える「冬のイメージ」を見事に表現していますね。
 「降りしきる雪の中に見る幻想」のようなラストがまた印象的です(^_^)
Hostsonaten / Springtides (Mellow MMP 475)
  1992年から2002年のデモ・トラックやアンリリースド・トラックを収録したコン
 ピレーション(2005年)。最初はEris PluviaのEdmondo Romanoとのプロジェクトとし
 ていろいろと試行していたのが、段々とバンドとして形作られていくのがわかりま
 す。が....いかんせん、アイデアむき出しで曲として熟成されていないので、アン
 サンブルの妙や作りこみの過程で加わってくる色彩感が感じられず、なかなか辛い
 アルバムです。完全にマニア向けの1枚。Merlinプロジェクトのアウトテイクも収
 録。
La Maschera di Cera
La Maschera di Cera (Mellow MMP 428)
  そのあまりの往年のイタリアン・ロック風フレーズの満載さで評判となった
 La Maschera di Ceraの1stアルバム('2002年)。オープニングがいきなりMuseoだっ
 たり、聞き覚えのあるフレーズがたんまり出てきたりと、聞いていて思わずニヤリ
 としてしまいますが、全体的な印象はどちらかといえば端正なイメージで、聞きな
 がらなんのストレスも感じさせずにすんなりと耳に入ってきます。まぁ、もともと
 はFinisterreだもんね。「オリジナりティがどうのこうの」と言いながら、ついつ
 い聞いてしまうアルバムです。結構良いです。
La Maschera di Cera / Il Grande Labirinto
                  (Mellow MMP 443)

  1stが評判が良かったためか、短いインターバルでリリースされた2ndアルバム
 (2003年)。1stアルバムと同傾向の音ですが、どこかで聞いたようなフレーズはさて
 おき、「情熱」とか「勢い」よりもキチンと音を紡いで行く感じが彼ら独特のオリ
 ジナリティになっていて、聞いていて心地良いです。70年代イタリアン・ロック
 風の歌詞のリフレインなんてほんま最高。初期PFM的叙情もあって、今や絶好調
 です(^^)
La Maschera di Cera / In Concerto (Mellow MMP 476)
  1st,2ndが好調なLa Maschera di Ceraのライブ・アルバム(2003年9月14日収録)。
 前半に2ndアルバムから、後半に1stアルバムからのほとんどの曲を収録と言う大ボ
 リュームの作品となっています。いきなり気合はいりまくりのフルートが出てきたり
 と、'70年代の音を現代に蘇らせたサウンドが全開ですが、気合が空回りをして少々
 雑になっているのが残念。演出も過剰気味だしね。後半になるにつれて演奏に丁寧さ
 が出てきていますが、勢いで聞くアルバムと言えるかもね?
Merlin
Merlin The Rock Opera (irIdea 2000-6-2 AB)
  Finisterreの新譜「Merlin」と思って注文したら、なんとも凄い変形ジャケに
 包まれて届いたCDにはFinisterreの文字はありませんでした。
  Fabio ZuffantiのProjectと言うことでHostsonatanかとも思いましたがどうも
 違うみたいですし、Finisterre関連の新しいProjectと思えば良いのでしょうか?
 (Finisterreのメンバーも参加しているし...)
  で内容ですが、Rock Operaと言うほどアクのきついシアトリカルな中身では無く
 てFinisterre直系の爽やかで軽快なシンフォニック・サウンドがいかにもイタリア
 的で聞き易いですネ。ところどころケルティックな感覚もあって意外だなと思って
 いたら、良く考えてみればMerlinというのはアーサー王伝説なんで、ケルトが出て
 きてもおかしくは無いのでした(^_^)

前頁へ

次頁へ