Poland   (Page-1)
Niemen
  さすらいの吟遊詩人にして、稀有のサウンド・クリエーターNiemenMy Favorite
 特集しています。
こちらをクリックしてください。
SBB
SBB / SBB (Metal Mind MMPCD 0320)
  ド迫力のLiveを収録した記念すべき1stアルバム('74)。飛び抜けたテクニックを
 持つ彼らですが、デビュー作がいきなりLiveと言うのがまた凄いですね。アナログ
 時代はOdlotやFigo-Fagoのような戦車の如き破壊力ばかりが評判でしたがCDでは
 Bonus曲をプラスしての完全Versionになっていて、透明でスペーシーな感覚をプラ
 スして攻めて来ます。この頃からプログレッシブな感性を持っていたのですね。Box
 SetのBonusはSkrzekの2ndソロの原型で年代間違っているんじゃないのってなぐらい
 プログレッシブな感覚の曲でビックリ!!
SBB / Nowy Horyzont (Metal Mind MMPCD 0321)
  スピーディーなヘヴィ・ジャズ・ロックへと変化した2ndアルバム('74)。1stの重
 量感よりもスピード重視と言った感じで、暗くくすんだイメージのいかにも旧共産圏
 といったジャズ・ロックをやっています。宇宙空間をつっきるような旧A面、クラシ
 カルで雄大な展開から高速リズムに乗ってのシンセvsギター・バトルへと突入する2
 0分近い大作の旧B面とどの曲も渋く、暗く、そしてかっこ良い!Box SetのBonus曲
 も同傾向で凄まじいばかりのインタープレイを聞かせてくれます。
SBB / Pamiec (Metal Mind MMPCD 0322)
  SBBの3rdアルバム('75)。このアルバムからシンセを前面に押し出し、持ち前の
 タイトな演奏に加えて、繊細なVocal Partを活かしたプログレッシブなバンドへと変
 化していきます。全3曲どの曲もメロディーの美しさと圧倒的な演奏力で引っ張って
 いきます。ブンブン唸るムーグ・シンセサイザーをバックにギターが引きまくるB面
 後半なんか思わず「手に汗」です。かっこいい!
SBB / Ze Slowem Biegne do Ciebie (Metal Mind MMPCD 0323)
  SBBの4作目。初期のハードでブルージーな音楽性がタイトなシンフォニック・
 ロックへと変貌する中でとうとう完成の域に達したアルバム。A面、B面ともに1曲
 づつの大作揃いでタイトな中にも叙情性が感じられるA面。ジャズ・ロック的な緊迫感
 も感じられるB面ともに良い。この感覚が洗練されながらFollow My Dreamへと繋がっ
 て行きます。
SBB / Wolanie o brzek szkla (Metal Mind MMPCD 0324)
  前作録音終了後、間髪を入れずにプラハでレコーディングされた5thアルバム('77)。
 実際のタイトルは"SBB(Same Title)"なのですが、ファンの間では1曲目のタイトル
 "Wolanie o brzek szkla"で通ってきました。全体的に前作と双子のようなサウンド
 で、スペイシーな空間に哀愁の歌が聞こえると言う展開から高速ジャズ・ロックにな
 だれ込むところは快感の一言。構築的な展開を見せた前作よりも、こちらは若干ファ
 ンキーな感覚が強く、インタープレイが前面に出ているかな?とにかく全盛期のエネ
 ルギーがほとばしっていてかっこ良すぎです。
SBB / Jerzyk (Metal Mind MMPCD 0325)
  '77年にカセットのみでリリースされたアルバム。短い曲ばかりで構成された作品
 で、ファンキーで典型的なクロスオーバー&フュージョン風の曲が収録されていま
 す。まぁ、あくまでもSBBの音楽性のヴァリエーションではありますが、3rdアル
 バムからの流れで言うとちょっと異質な作品です。だから、カセットのみのリリース
 だったんだろうけど....
SBB / Follow My Dream (Metal Mind MMPCD 0326)
  西ドイツで録音されたSBBの西側デビュー盤。このアルバムもA面、B面ともに
 1曲づつの大作で構成されており、ややメロウなイメージになりながらも前作からの
 流れのタイトなシンフォニック・ロックをさらに洗練させた出来となっています。
 "Freedom Freedom"と歌う切ない歌声が時代を感じさせます。

SBB / Amiga Album (Metal Mind MMPCD 0327)
  Follow My Dreamに続いて東独のみでリリースされた作品。Jerzykと似た短編集的
 なアルバムですが、Jerzyk程フュージョン風では無く、SBBの多様な音楽性をコン
 パクトに切り取ったような感じです。1曲1曲は良いんだけど、やっぱりブツギリ
 SBB的な感じが強いですね。Jerzykとともに強弱、緩急自在なSBBの音楽性の妙
 が味わえないのが残念。
SBB / Welcome (Metal Mind MMPCD 0328)
  西ドイツ録音第2弾。とにかく1曲目のタイトでスピーディーなシンフォ・ジャズ・
 ロック・チューンの出来が素晴らしい!。SBBの全てが凝縮したこの曲はまさに旧
 共産圏いや70年代のプログレッシブ。ロックを代表する名曲と言えるでしょう。他
 の曲は1曲目と正反対のメロディアスで叙情的なナンバーばかりで、SBBの中でも
 あまり聴かれないような感覚です。1曲目のおかげか名作と名高いこの"Welcome"です
 が、SBBの歴史の中ではかなり異色の作品ではないかと思ったりします。
SBB / Memento z banalnym tryptykiem (Metal Mind MMPCD 0329)
  再びポーランドに帰って制作された10thアルバム('81)。オープニングのオーケ
 ストラや1曲目のキャッチーなメロディーにビックリさせられますが、シャープ
 で壮大、クリアなSBBの音は変わっていません。しっとりとしたVocalパートが
 とても印象的で、静と動、緩と急を活かしたドラマチックな音は、所謂「プログ
 レッシブ・ロック」にもっとも近いアルバムと言えますね。この後、彼らはソロ・
 ワークとライブ活動に軸足を移し、次のスタジオ作は2002年の"Nastroje"まで待
 たなければなりませんでした。
SBB / Live 1993 (Metal Mind MMPCD 0330)
  しばらくソロ活動を行っていたメンバーが、再び活動を始めた93年Katowice
 でのLiveアルバム。Guest Musicienを2人加え、5人組となったその音は、よ
 りシャープなジャズロックとなっており、1stアルバムからのOdlot,Figo Fago,
 Erotikのようなナンバーはさらにモダーンに、"Walk Aroud the Stormy Bay"や
 "Freedom with us"は贅肉を落として、よりソリッドになっています。とにかく
 緊迫感に溢れた演奏が素晴らしく、最後まで一気にぶっ飛んでいきます。それに
 してもFollow My Dreamはタイトになりすぎ(^^;)
SBB / Live in America '94 (Metal Mind MMPCD 0331)
  5人組SBBが前年からの勢いでアメリカ上陸を果たした際のスタジオ録音
 とニュージャージーでのライブを収録したアルバム('94)。いきなりあの"Follow
 My Dream"がカラッと晴れたアメリカン・フュージョンになっていてビックリし
 ますが、音数が多くて賑やかなジャズ・ロックにヨーロッパ的なニュアンスが絡
 んだそのサウンドはどこにでもありそうで、実はここにしか無い、とてもユニー
 クなもの。"Live 1993"をさらにゴージャスに仕上げた緊張感溢れるジャズロッ
 クはファンが望んだ変化とは少々違う感じですが、その高いレベルに脱帽です。
 PFMで言うとJet Lagか?
SBB / Absolutely Live '98 (Metal Mind MMPCD 0332)
  再び3人組に戻りリリースされた'98年のライブ・アルバム。DrumsがMiroslaw
 Muzykantに変わっていますが、SBBの持ち味は変わらず、激しくも深い音を聞
 かせて。"Odlot"や"Erotik"、"Walk Aroud the Stormy Bay"等のお馴染みの曲と
 珍しく大曲"Memento〜"をやっていますが、今回はギターのApostolisが絶好調で、
 ロッキンでジャージーな熱い音はまるでヤン・アッカーマンのよう。'93年や'94年
 のライブのようなソリッドさはありませんが、程良い「間」のある味わい深いライ
 ブです。
SBB / W Filharmonii:Akt 1 (Metal Mind MMPCD 0333)
  Absolutely Live '98に続いてリリースされた同年のライブ・アルバム。先のアル
 バムではギターのApostolisが絶好調で、熱〜い音を聞かせてくれましたが、今回は
 Josefも絶好調!テクニカルで美しいフレーズで演奏を引っ張り、バランスの取れた
 SBBらしさ満点のライブに仕上がっています。ソリッドな'93年〜'94年のライブや
 エネルギッシュな前作も良いのですが、美しさと激しさ、熱さと冷ややかさのバラン
 スが取れているのはこちらのライブの方ですね。前半でもあるAkt 1は"Odlot"や
 "Erotik"、"Walk Aroud the Stormy Bay"がメインです。あと、BoxセットのCDに収
 録されているBonus曲では女性Vocalが入ってたりして、こちらもなかなかのもの。買
 うのならBoxがお勧めです。
SBB / W Filharmonii:Akt 2 (Metal Mind MMPCD 0334)
  こちらは後半Akt 2。メインはお約束の"Goning Away"。円熟がもたらす柔軟性と
 持ち前の激しさが丁度良い具合に溶け合っていて、SBBの魅力が十二分に味わえ
 ます。不思議なのはJosefの教会オルガン風キーボードをフィーチャーした19分近
 い"Final"。厳かな雰囲気はとても良いのですが、SBBの楽曲としては少々浮いて
 いますネ。ちょいと不思議な選曲です。
Jozef Skrzek
Jozef Skrzek / Pamietnik Karoliny (Private Release)
  SBBのキーボーダー兼ベーシストJozef Skrzekの1stアルバム('80)。正規
 盤がリリースされないので本人自らのCD−ROMでのリリースです。彼のキ
 ーボードを主体として全て一人で演奏されたアルバムで、SBBの激しさとは
 打って変って,内省的なアルバムとなっています。「キャロラインの日記」と
 言うタイトルどおり、最初は赤ん坊(キャロラインちゃん?)の泣き声から始
 まり、前半はまるで子供番組の音楽のようで、後半に行くにつれて東欧らしい
 荘厳さが出てきます。全体的にはセミクラシック的と言うかムード・ミュージ
 ック的な要素が強いですね。

Jozef Skrzek / Ojciec Chrzestny Dominika
                   (Golland 101)
  バレエのために書き下ろされた2ndアルバム('81)にして文句なしの最高傑作。
 20分近くにもおよぶ大曲2曲で構成されており、それをJosef1人で全ての楽
 器を演奏しています。SBBでのスリリングな音と違って、彼のキーボードを活か
 した多彩で荘厳な音になっています。万華鏡のような音の玉手箱です。
Jozef Skrzek / Jozefina (Universal 064 338-2)
  SBBのメンバーやHalina Frackowiakが参加した3rdアルバム('81)。前作はプロ
 グレッシブな大作でしたが、本作はぐっとポップにJosefのVocalをフィーチャー
 したハート・ウォームな内容になりました。Follw My Dream等のVocalナンバーか
 らの流れでもありますが、もっとブルージーでマイルドなレイドバックした演奏
 が聞かれます。

次ページへ