Spain   (Page-1)
Triana
  スパニッシュ・ロック、フラメンコ・ロックの創始者TrianaMy Favoriteで特集しています。
 
こちらをクリックしてください。
Gong Label
Granada
Granada / Hablo de una Tierra (Fonomusic 5046658022)
  Trianaと並ぶロック・アンダルシアの代表バンドGranadaの1stアルバムです。(まぁ、
 バンドと言いながら実はリーダーのカルロス・カルカモのワンマン・バンドなのですが)
 彼らの残した3枚のアルバムはアルバム毎に全く音楽性が違うのですが、この1st
 アルバムはメロトロンの導入もあってか一番叙情的でヴァリエーションが広く、中でも
 哀愁の2曲目から雄大なメロトロンが響き渡る3曲目にはもう涙腺緩みっぱなしです。

Granada / Espana,ano '75 (Fonomusic 5046658022)
  グラナダの2ndアルバム('76)。1stアルバムで見られたジャズロック色を発展
 させ、旧A面全体を使った組曲等、インタープレー中心の音楽性に変化していま
 す。が、そこはグラナダ...どうもテクニック的に見劣りがするところが多々あ
 って、ぬるま湯に浸かったようなダラダラとしたジャズロックになってしまって
 いるのが残念。スパニッシュ風の叙情的なフレーズはなかなか良いんだけど、や
 っぱ方向性間違ってますね。1stの叙情性を推し進めれば良かったのに...(^^;)
Granada / Valle del Pas (Fonomusic 5046658022)
  78年に発表されたGranadaの3rdアルバムにして最終作。リーダーのカルロス・カル
 カモ以外のメンバーが全員変わり、アラビックなメロディーやオーケストラを導入し、
 これまでで一番多彩な内容のアルバムとなりました。と言うか、どちらかというと受ける
 印象は雑多で、いろいろな事をやり過ぎているようなイメージが強いかな?もう少しロッ
 ク的な集中力があれば良いのですが、逆にそういうところがこのアルバムの面白さと言え
 るかもしれません。
Alfredo Carrion
Alfredo Carrion / Los Andares del Alquimista
                
(Arcangelo ARC-8052)
  カナリオスの「四季」のアレンジャーとして有名なアルフレッド・カリオンのソロアル
 バム('76年)。旧A面はサロン風のVocal小品集で、女性Vocalの不思議な歌唱が独特の雰
 囲気を出しています。それでもカリオン独特の色彩感豊かなアレンジが随所で見られ、
 ファンにはたまらないものとなっています。旧B面は1曲のみの大曲で、近代管弦楽から
 派手なロックへと展開し、最後はグレゴリオ聖歌風の叙情美と一気に聴かせます。アコ
 ースティック楽器、シンセ等のエレクトリック活気のアレンジとも彼独特の個性・響きが
 あって、いつも聴く度に「これだよ、これ!」と思ってしまいます(^^)。
Gotic

Gotic / Escenes (Arcangelo ARC-8051)
  美しいジャケットに彩られたGoticの1stアルバム('78年)。切れ味の良いリズムに乗っ
 て、繰り広げられるライト感覚のシンフォ・フュージョンですが、なんと言ってもフル
 ートとキーボードの織り成すナイーブで儚い美旋律が素晴らしいですね。メンバー全員
 腕利きのセッション・ミュージシャンで、Gotic以降スペイン音楽界の第一人者になりま
 した(^^)






→スペイン盤 Reamster (Fonomusic 5046703292)
  美しいフルートとエレピが印象的なシンフォニック・ジャズ・ロックはRemasterで美
 しさも倍増。
Gotic / Gegants I Serpentines (MAR 162633)
  1stアルバムに続けて制作されていたのにも関わらず未発表のままだった2ndアルバム。
 2010年頃に"Maqueta"のタイトルでブートレッグが出回りましたが、2016年に再プロデュ
 ースされ正式リリースされました。内容的には、フルート奏者が変わったものの、1stア
 ルバムの延長線上にあるまさにGoticの音そのものと言う仕上がりです。持ち前のリリカ
 ルさはそのままにテクニカルさが増した分、メリハリがはっきりとついて、1stアルバム
 以上の完成度と言えるかも?
Azahar,Azabache
Azahar / Elixir
  Azaharの1stアルバム('77)。ドラムレスで、サワサワとしたソリーナの音がスペ
 ーシーな印象を与えて
いると言う、独特のサウンドが特徴です。それでもやっぱり
 彼らもやっぱりGong レーベルのバンド!そういう感覚以上に、こてこてのアンダ
 
ルシアン・ロックと言う感覚は彼らも同じで、「そちら方面」が好きな人には、避
 けて通れない
アルバムでしょう。
Azahar / Azahar (Fonomusic 50466577955)
  '79年リリース2ndアルバム。ドラマーをメンバーに迎え、さらにメリハリが聞い
 た音になってます。Azaharとしての個性は薄れたかもしれませんが、とても「濃い」
 アンダルシアの音です。今までなんとなく無視されて来たアルバムですが、ど真ん
 中直球度はこちらが上(^_^)/
Azabache / Dias de Luna (Gong 17.1475/8)
  Azaharの後身バンドAzabacheの1stアルバム('79)。Azahar直系の色彩感溢れる
 雄大な和みのシンフォで、流れるようなギターに広がりのあるキーボードが心地
 良いです。親しみやすく適度にポップなスパニッシュ・メロディーが鮮やかに展
 開していきます。Gongレーベルの中では最も洗練された音楽性を持つバンドです
 ね。次作ではよりポップになってますが、これがKayakみたいでなかなか良かった
 りします。
Azabache / No,Gracias (Gong 17.2030/3)
  Azaharの後身バンドの2ndアルバム('80)。ロック・アンダルシアの伝統を残した
 まま軽快なポップ色を見せてくれます。New wave風味もあるカラフルなキーボード
 を活かしたシンフォ・ポップはなんとなくKayakやMachivelを思い起こさせます。
 洗練された小気味良い演奏が気持ち良いですね。
Ibio
Ibio/ Cuevas De Altamia (Fonomusic 5046703312)
  日本人のイトウ ルナさんが参加していることで一時期話題になった(笑)Ibioの唯一
 のアルバム('78年)。分厚いメロトロンやシンセをバックに典型的なアンダルシアン・ロ
 ックをやっています。ただし、インスト中心なのは良いけど、テクニックが無い分一本
 調子になっているのがもう一つかな?1曲目の少々神経質な感じのVocalはなかなか味が
 あるんですけどね。全体的には他のGongレーベルのアルバムに比べて若干完成度は落ち
 ます。
Ibio / El Regreso (Artimana AR0030)
  奇跡の復活と言って良いかもしれないIbioの2007年新譜!!!。広がりのあるキーボード
 に泣きのギター、そしてスペインらしい独特の節回し等、エキゾチックな独特の感覚はまさ
 に「あのIbio」です。以前よりも数段レベルアップしたドラマチックな楽曲の鮮やかな色彩
 感にノックアウトされます。もちろんルナ・イトーさんも健在、彼もとても上手くなってま
 すが、ストレートな乗りはあのままでとても微笑ましかったりします。
Hilario Camacho
Hilario Camacho / De Paso (Fonomusic 5046703202)
  現在でも現役で頑張っているシンガーの'75年の作品(3rd)。デビュー前の
 Azaharを従え、アコギやフルートをフィーチャーした温かみのある歌を聴かせ
 くれます。哀愁のこもったメロディーは同じスペインはバスクのGorka Knorr
 なんかにも近いですね。また、ジャケを連想させるような多彩でプログレッシ
 ブな感覚もあります。
Gualberto
Gualberto / A La Vida-Al Dolor (Lost Vinyl LV-010 CD)
  ガルベルトことガルベルト・ガルシアの1stアルバム。次作以降に顕著になるイスラム
 &アラブ風のムードはこのアルバムではそれ程前面には出ていなくて、旧A面の叙情的な
 Vocal曲がこのアルバム独特の個性になっています。旧B面になるとインスト中心になっ
 て、ロック的なリズムの上をスパニッシュ風のギターやヴァイオリンが駆けていきます。
 名作と言われているのは次作"Vericuetos"ですが、この1stアルバムの叙情もなかなか捨
 てがたいものがあります。
Gualberto / Vericuetos (Lost Vinyl LV-011 CD)
  Gualbertoの2ndアルバム('76)。前作ではVocal パートもありましたが、本作
 では全てインストールメンタルとなっており、彼独特のイスラムの香り漂うエキ
 ゾチックな演奏を聞くことが出来ます。前半のイスラム風のメロディーとクラシ
 カルなヴァイオリン&オーケストラと言う不思議な感覚も良いのですが、後半の
 キーボードやギターのうねりの中でリフレインされていく昂揚感が素晴らしい。
 圧倒的な個性です。
Daniel Vega
Daniel Vega / La Noche Que Precede a la Batalla
                         (Fonomusic 5046771602)
  Daniel Vegaの唯一の作品('76)。基本的には暗めの歌ものですが、妖しげな音色
 のフルートや掻き毟るようなギター等、夜の帳の中で醗酵寸前まで行きそうな熟し
 た叙情が最高。ジャケに描かれた陰鬱でシュールな世界が彼の音楽性を良くあらわ
 しています。スペインのみならずイタリアを含めても、ここまでのプログレッシブ
 なカンタウトーレ作品はありません!名作
Eduardo Bort
Eduardo Bort / Eduardo Bort (Fonomusic CD-1050)
  ダブル・メロトロンで有名な?Eduardo Bort唯一の作品。ジャケを見るとSSW系
 の作品と思いますが、どちらかと言うとシンセ主体のB級プログレ系の音とヒープ調
 ハード・ロック系の音が混ざったような感じです。特に歌詞が英語と言うこともあって、
 ヒープからの影響を強く感じます。それでもラストの曲は特にメロトロン・アレンジ、
 メロトロン・ソロのクレジットまであることからもわかるとおり、メロディアスで気合
 いの入ったメロトロンがたっぷりと聴けます。アルバム全体からみると浮いているけど
 「良くぞ。ここまで!」と言いたい気持ちになりますネ。
Diego de Moron
Diego de Moron / Diego de Moron
             
(Fonomusic 5046771612)
  フラメンコ・ギタリストがトリアナとグラナダをバックに、超絶技巧で迫る
 '77年の作品。内容的には典型的なフラメンコ・ギターのアルバムですが、トリ
 アナが4曲、グラナダが4曲行うバッキングの独特の味わいが不思議な魅力を
 醸し出しています。トリアナは名作1stを思わせるし、グラナダはなんか変で
 す。全体的にバックの演奏は薄味ですが、「フラメンコ+プログレッシブ・ロッ
 クで試してみました」というような意味では典型的な作品。
Vega
Vega / Andaluza (fonomusic 5046703302)
  トーマス・ヴェガの1stアルバム('78)。ヴェガの弾くスパニッシュ・ギター
 をフィーチャーした爽快なスパニッシュ・フュージョンです。こういう音を
 聞くと第一人者のパコ・デ・ルシアを思い出しますが、Gongレーベル特有の
 キーボードを多用したサウンドで、パコよりもかなりプログレッシブ・ロック
 寄りです。スペイン民族楽派を代表するアルベニス、グラナドス(アラメダも
 カバーしてました)の名曲を収録。エキゾチックなアンダルシアの風を感じ
 させます。
Lluis Llach
Lluis Llach / Campanades a Morts (Fonomusic CD-1022)
  カタルーニャのシンガーソング・ライター リュイス・リャックの大作(ポル
 トガルの人と言われてましたがカタルーニャが正解のようです。Thanx!>さいと
 さん)。オーケストラや混声合唱を大幅に取入れた厳粛なサウンドは彼のアルバム
 にあってはかなり異色な出来です。実はロック色もあまりないのですが、こうい
 う大掛かりなサウンドって、やはりプログレ・ファン向けだったりします。物悲
 しいメロディーがとても良いですね。

次ページへ