Spain   (Page-2)
Chapa Label
Crack
Crack / Si Topo Hiciera (King KICP 79)
  スペインのCrack唯一のアルバム。チャパ・レーベルを代表する名盤です。他の
 スペインのバンドが情熱一本やりと言った感覚があるのに対し、このクラックのア
 ンサンブルの緻密さとバランスの良さはずば抜けています。メロディアスなフルー
 ト、華麗なピアノにメロトロン、様々表情を見せる立体的なアレンジは見事ですね。
 それでもVocalが出てくると、スペインらしい情熱的な熱唱で私たちの心を掴みま
 す。
Mezquita
Mezquita / Recuedos de Mi Tierra (King KICP 80)
  Chapaレーベルを代表するMezquitaの1stアルバム。ハードで乗りの良いスパニッ
 シュ・サウンドはいかにもChapaレーベルと言った感じですが、キーボードの取り
 入れ方が独特でスパニッシュ・メロディーを奏でる壁のようなストリングス系のシ
 ンセの音が、彼らならではの魅力となっています。特にギターとシンセのアンサン
 ブルのインスト・サウンドから、アンダルシア風のVocalパートへと畳み込む1曲
 目の大作が良い。
Bloque
Bloque / Bloque (Zafiro 74321 933202)
  Bloqueのデビュー・アルバム('78年)。スペイン北部のカンタブリア地方出身と
 言うこともあってか、エキゾチックなメロディーの割には、スペインらしくない
 ゆったりとした幻想的なキーボードを中心とした音を聞かせてくれます。ただ、
 難点はブルース調のフレーズを連発するギターで、このサウンドにこれは無いだ
 ろうと思ってしまいます。旧B面は"Conociendo a Abraxas"と言う片面全てを使
 った組曲。ギターも若干メロウになっており、次作へと繋がっていきます。
Bloque / Hombre,Tierra y Alma (King KICP 2104)
  Bloqueの2ndアルバム('79年)。ギタリストの実力向上により、まるでNWBHMのよう
 メロウなハード・ロック感が加わっています。幻想的なキーボードにメロディアス
 ながらもハードなギター、そして、組曲構成等のプログレッシブなアレンジと、演
 奏力の向上ともにかなりのレベル・アップが図られています。次作では変に凝って
 しまって、摩訶不思議な音になってしまったこと考えると、ハードな部分とプログ
 レッシブな部分のバランスの良さは、この2ndが一番ではかもしれません。
Bloque / El Hijo del Alba (Si-Wan SCP-048PSI)
  Bloqueの3rdアルバム('80年)。前作で幻想的なキーボードとメロウなハード・ロ
 ック感のバランスがとれた音楽性を確立した彼らですが、この3rdでは更に進化?オ
 ーケストラは入れるは変拍子はあるはで、かなりプログレッシブ・ロックを意識した
 音になっています。でもって、その凝りようが変に不器用で唐突で、Vocalが入ると
 全く普通のハード&スパニッシュ乗りになるし、オープニングの朝を思わせる穏やか
 なシンセ・サウンドも1stアルバムからの流れではわかりますが、2曲目以降のカラー
 と全くあっていない、と来ます。結果的に他に比べるものが無いような不思議なアル
 バムになりました。でもね、こういう変なサウンドを持つこのアルバムが私は大好き
 なのでした(^_^;)。
Bloque / Musica para la Libertad (Zafiro 74321 933192)
  Bloqueの4thアルバム('81年)。メンバー・チェンジ等があり結局最後の作品にな
 りました。ただし、サウンドはよりタイトでエキゾチックなものとなり、完成度は
 確実に上がっています。奇を衒ったような前作の音を整理して、あくまでも正統派
 の音で勝負!と言ったところでしょうか?メロウで泣くギター、包み込むキーボー
 ド、タイトなリズム・セクション。うーん、良いですねぇ。明るい響きのブラス・
 シンセの音色も印象的です。全体的にジャケットのような華やかさがある作品に仕
 上がっていて、そこがまた魅力的であります(^_^)
Bloque / Grandes Exitos (Chapa HS-35.060)
  Bloqueの4枚のアルバムの中から選曲されたベスト・アルバム('83年)。「ソリッドな
 メロウ・ハード」から「キーボードに包まれギターが泣く」と言うシンフォ系のアレン
 ジまで,アンダルシア出身バンドとは違う,スペイン北部出身の彼らの個性が光ります。
 メロ・ハーからシンフォへと移るA面,冷たいキーボードで始まり,子供コーラスを交
 えた展開に,変拍子プログレ,そして開放的なブラスを交え大団円と決まるB面と,ベ
 スト・アルバムながらアルバム全体が一つの組曲のように巧み構成されており,まさに
 「最高の瞬間を集めた」作品となっています。
Nu
Nu / Cuentos de Ayer y de Hoy (King KICP 2390)
  後のスパニッシュ・メタル・ムーブメントに乗ってロック・アンダルシアの中で
 は最も成功を収めたバンドの一つNuの1stアルバム('79)。後のハード&メタル路線
 はこのアルバムでも垣間見えますが、ヴァイオリンとフルートのクラシカルなフレ
 ーズとドラマチックな展開では、やはりこの1stアルバムが最高の一枚と言えます。
 ヴァイオリンの怪しげなフレーズを活かした緊迫感溢れる前半部(旧A面)と静か
 ら動へのまさにドラマチックとしか言いようの無い展開を見せる後半部(旧B面)、
 スパニッシュ・ロックが生んだ名盤と言えるでしょう。
Nu / A Golpe de Latigo (Serdisco 50601123)
  よりソリッドなハード・ロックを聞かせるNuの2ndアルバム。前作でのフル
 ートを活かしたジェスロ・タル風の感覚を残しながらも、全体的にはよりハ
 ードに、ヘヴィ・メタル的とも言えるようなリフ感覚も聞かせてくれるように
 なりました。クラシカルで美しいメロディーとイタリアン・ロックを思わせる
 強引な展開、そして、ハイ・トーンVocalが引っ張るメタル色等、Nuの音楽性を
 確立した1stアルバムと並ぶ名作ですね。ラストのメロトロンは反則だぞい(^^)
Nu / La Taberna Encantada (Nu 001 CD)
  Nuの'97年のアルバム。まるでJetro Tullがトラッドをやったような優雅で美しく、
 時にクラシカルで時にトラッド風だったり古楽風だったりと言うアルバム。このこ
 ろはNuは確かメタルをやっていたと聞いたことがあるけど、それならばこれはバラ
 ッド・ベストかな?と思わせる叙情的なアルバムです。Jose carlos Molinaの吹き
 すさびフルートがなかなかの味を出しています。FocusのHouse of the Kingsも収録
 (曲名はLa Casa de Reyになってます)
Nu / La Noche del Juglar (Nu 016 CD)
  Nuの25周年記念アンプラグドLive。1000枚限定シリアル・ナンバー入りだとかで、
 私のは833番でした。ハード&メタル系の音で有名な彼らですが、アンプラグドと
 言うこともあってかここではかなりメロディアス。スパニッシュ&ジプシー風のメロ
 ディーに、吹きすさびっぱなしのフルート(堪能します!)、そして、何よりも明る
 い乗りが全編を占めているのが良いです。FocusのHouse of the Kingのカバーも全然
 違和感無いし、勢いに乗ってのフルートによるパープル・メドレーも楽しいですネ。
Asfalto
Asfalto / Asfalto (Walhalla WH 90314)
  ChapaレーベルからリリースされたAsfaltoの1stアルバム('78)。次作でのソリ
 ッドな感覚はそれ程感じられず、どちらかと言うと緩い(?)ぐらいの乗りなので
 すが、独特の哀愁感はバッチリ出ています。ハード・ロックと言うほどハードで
 は無く、それ程凝ったところも無いのですが、メロディーの良さと心地よい乗り
 で聞かせてくれます。
Asfalto / Al Otro Lado (BMG 5061 1002)
  ウルグアイのシグロのキーボーダーが加入し、よりキーボードをフィーチャーし
 たサウンドとなった2ndアルバム('78)。スペイシーでクラシカルなオルガンとシン
 セを前面に出したハード・ロックで、スペインにありがちな「泣きのハード・ロッ
 ク」では無くリフ主体の畳み込み型です。華麗なキーボード・サウンドをバックに
 かっこいいハードな乗りでドラマチックに場面展開するところに痺れます。名作。
Asfalto / Ahora (Zafiro 74321 933172)
  アスファルトの3rdアルバム('79年)。アンダルシアン・ハードなチャパ・レーベル
 の色を残したまま、明るい感じのポップ・ロックになっています。はねるようなリズ
 ムの上をJorgeのキーボードが彩り、スパニッシュ・ハード色のある歌を熱唱するの
 はあるようで無い感覚。ポップだけどアスファルト色タップリです(^_^)

前ページへ

次ページへ