ようこそGates of Dawnへ!
ここはユーロ&辺境、プログレッシブ&サイケデリックのHPです(だと思う(^^;))
音楽の楽しさ!それが全てです。
Since 2000/12/1
SORRY、Japanese Only!

更新履歴です

音楽ですヨー

いろいろとオーディオ

プロフィールです

Twitter始めました

お仲間Linkです
UpDate!
2018/ 8/26 Masters?イスラエルを更新!
 イスラエル・ロックのキーマンの一人
Shem Tov Levyの1stソロ・アルバムは、
No Name('75年)とSheshet('77年)制作の
間に制作されており、両グループで聴か
れる華麗なフルートを活かした爽やかソ
フト・ロックです。
2018/ 7/31 Neo Progressive Italyを更新!
Hostsonatenを更新。"SeasonCycle Suite"
のPart3にあたる"Winterthrough"は、オー
プニングの冷ややかなメロディーを氷のよ
うなメロトロンが覆い尽くすところで、既
にノックアウト(笑)。アコースティックな
「無垢の音」を聞かせながらも、ロマンチ
ック&シンフォニックにアトラクティブに
展開するところもバッチリ決め、様々に表
情を変える「冬のイメージ」を見事に表現
していますね。
2018/ 6/30 Masters?スイスを更新!
Islandの唯一の作品は、ユニヴェル・ゼロ
meetsジェントル・ジャイアントと言えば
良いのか、シャープなリズムの上を、超絶
に入り組んだアンサンブルが走って行く、
その迷宮感がたまりません。
2018/ 6/ 4 特集紙ジャケに挑戦を更新
紙ジャケに挑戦、今回はソフト・マシーン
です。より整理されたジャズ・ロックへと
本格的に変化した7thアルバムは、スピー
ディーでコンパクトなジャズ・ロックとジェ
ンキンスさんお得意の幻想ミニマルな風味
がマッチした聞きやすい作品。。不思議リ
フの上をラトリッジさんのオルガンが突き
進む様はかっこいいの一言ですね。
2018/ 4/11 My熱中アルバムを更新
2008/11/23 Mau2応援コーナー新設!
My熱中アルバム!
Neuschwanstein / Fine Art (LongBow LC 52092)
  キーボード奏者によって再結成され、リリースされたNeuschwansteinの2ndアルバム
 (2016年)。端正なポンプ・ロックと言うような音だった1stアルバムとは大きく作風が
 変わり、オール・インストのクラシカル・オーケストラ・ロックになっています。は
 っきり言えば、これは「ドイツのエニド」。ロマンと荘厳さを前面に出し、構築的に
 積み上げたオーケストラルな楽曲が圧倒的です。エニドに比べてストイックな印象が
 強いのが、いかにもドイツらしいところですね。
My 熱中アルバムの過去LOGはこちらをクリックしてね。
特集
特集1.Italian Rock Remaster
  2001年、イタリアBMGからミレニアム記念に24Bit Remasterシリーズがリリースされました。
 廉価盤と言うことで、CDの作りは今一しょぼいものの音はリアルで素晴らしいです。第一弾の
 PFM、Bancoに続いて、その後どんどんRemaster化されてます!!この調子で他の名作も
 Remasterされたら実は財布がカラっぽになるけど、あぁ、あれも欲しい、これも欲しい(^_^;)
 →
Italian Rock Remaster 1,2,3,4,5,6,7
特集2.紙ジャケに挑戦
  紙ジャケにも挑戦中です(^_^)。私のようなLP世代の郷愁を誘う紙ジャケの出来もさることなが
 ら、キチンとRemasterされているアルバムが多いのが嬉しいですね。ボチボチ更新していくのでよ
 ろしくぅ。
 →紙ジャケに挑戦1
特集3.French Rock紙ジャケに挑戦
  フレンチ・ロックの紙ジャケも多数リリースされています(^_^)。PulsarやShylockのような
 メジャー・バンドはもちろんですが、意外とマニアックなところも出ていて嬉しい限りです(^^)

 →French Rock 紙ジャケ 1
Gate of DawnはMau2を応援します(^_^)/
  井上銀河率いるMau2は久々に現れた我が国の本格シンフォ・バンド。その歴史は70年
 代から30年
にも及び、2006年にようやく傑作1stアルバム"Voyagers"をリリースしまし
 た。スピード感と爽やかさを
持つその音は、まさに王道かつ斬新。そしていよいよ9年の時を
 経て、2014年4月 2ndアルバムをリリース!

Mau2 / Voyagers (Aqua Planet APRM-040529)
  井上銀河率いるMau2のデビュー・アルバム(2006年)。バンドの歴史は'77年
 から30年にも及び,何回かのメンバー・チェンジを経て,ようやくのデビュ
 ーとなりました。典型的なシンフォニック・ロックですが,そのスピード感と
 ジャケの世界に通じる爽やかさは,他の日本のバンドにあるようで無い感覚。
 良い意味で'80年代からのJ-Prog.の色も感じさせながら,ど真ん中直球のシン
 フォの割には,不思議と新鮮な感じがします。また,変化球アレンジもビシッ
 と決まって必然的!。1曲目の20分なんかあっと言う間だったもんね。途中
 のアコギのみバックで7分間歌いきる表現力にもビックリ!少し,アマチュア
 っぽさが残っていますが,デビューした頃のフラキン級と言ってしまいましょ
 う。応援しまっせ!!(^^)
Mau2 / Another Heaven (Aqua Planet Records APRM140123)
  名古屋のMau2が9年の歳月をかけて完成させた2ndアルバム(2014年)。いき
 なりドリーム・シアターをシンフォニックにしたような激しいサウンドに圧倒
 されますが、爽やかさと情念がテクニカルにせめぎ合うその音は、「これ
 Viennaの4thアルバムだよ」と言われても信じてしまいそう。いや、心に染み
 入る親しみやすいメロディはそれ以上だ!日本のプログレッシブ&シンフォニ
 ック・ロックの王道とも言えるサウンドでありながら、圧倒的色彩感のその音
 は2010年代においても説得力は十分。本作もど真ん中直球プログレッシブ
 ・ロック!しかもキレキレの快速球だ!!
手持ちUP終了(^_^)/
  手持ちUPが終了したコンテンツです。変に偏ったところもありますが、まぁそこはそれ。やっぱ
 妖しげな辺境系にはゾッコンなんですね
My Favorite

  Stormy Six(Italy)
  Triana (Spain)
  Discus(Indonesia)

Masters! Masters?
 ポルトガル
 オーストリア
 ルーマニア
 エストニア
 ラトヴィア
 トルクメニスタン
 アルメニア
 デンマーク
 ウルグアイ
 ボリビア
 コスタ・リカ
 パナマ
 南アフリカ
 ニュー・ジーランド
 シンガポール
Presented by パードレばばんこ
@nifty ID : gcg01710