ようこそGates of Dawnへ!
ここはユーロ&辺境、プログレッシブ&サイケデリックのHPです(だと思う(^^;))
音楽の楽しさ!それが全てです。
Since 2000/12/1
SORRY、Japanese Only!
アクセスカウンター
 

更新履歴です

音楽ですヨー

いろいろとオーディオ

プロフィールです

Twitter始めました

お仲間Linkです
UpDate!
2022/ 2/ 4 Neo Progressive Chileを更新
TrioからCuartetoになったチリの
Entranceのキーボーダーのプロジェク
ト。前作にも増して、緩急、静動の対
比が出てきて、かなりEntranceに近づ
いた出来です。新加入のギタリストも
早弾き大活躍で、超絶に迫るところは
なんかイタリアンのあのDeus Ex
Machina風だったりします
2022/ 2/ 1 Neo Progressive Italyを更新!
好調Moongardenの5thアルバム。今回
はとうとうSPVからのリリースです
いやぁ出世しましたなぁ(^^;)。どん
どん向上していくそのサウンドはより
力強く、よりソリッドになっており、
オーケストレーションの巧みさも素晴
らしいですね。
2022/ 1/28 Masters?アルゼンチンを更新!
プログレッシブなアプローチで聞かせ
るPastoralの4thアルバム。胸を打つ
ようなアレハンドロの歌声とメロディ
は、アルゼンチンの叙情を集めたよう
な素晴らしいものです。
2022/ 1/26 Masters?日本を更新!
「能楽」の第一人者を一噌幸弘が結成
した能管ロック「返シドメ」のデビュ
作。凄腕メンバーがゴリゴリに迫り、
その中を縦横無尽に吹きまくる、超絶
技巧な笛には唖然とさせられますが、
とにかくスリリングでかっこ良くて
「ロック」しています!最高!!
2022/ 1/22 Linkを追加
J'rat-Triumvirat Japanese Page
2022/ 1/21 Neo Progressive Argentinを更新!
アルゼンチン・モダーン・ロックの
新人デビュー・アルバム。ギター,
アコーディオン,クラリネット,コ
ントラバスをフィーチャーしたアコ
ースティック・セット・バンドで,
迷宮のようなアヴァン・チェンバー
色に明るいラテン乗り,そして柔ら
かなメロディーを混ぜ合わせるセン
スが洒落ています。
2022/ 1/19 Masters?USAを更新!
2000年に活動を再開し、いよいよ登場
したHappy the Manの4thアルバム。都
会的でお洒落なイメージのプログレッ
シブ・ロックは健在です。それどころ
か、テクニカルさと妙なテンションは
昔以上で、曲によっては「Happy the
Manと言うよりもティポグラフィカじゃ
ないか?」ってなぐらいです。素晴ら
しいですよ。
2022/ 1/17 Neo Progressive Brazilを更新!
ブラジルのアポカリプス2002年のアル
バムです。典型的な南米ポンプ・ロッ
クで、アルバムを何枚も出している割
には垢抜けないところがありますが、
印象的なメロディーと情熱で何故か聞
かせます。それ程テクニックは無いけ
どキチンと楽器の絡みで聞かせるとこ
ろに好感が持てますネ。
2022/ 1/11 My熱中アルバムを更新
2022/ 1/ 8 Masters?イスラエルを更新!
イスラエル新人。もう一言,良いです!
女性Vocalをフィーチャーし,ギターが
泣き,キーボードがクラシカルに舞う
メロウでシンフォニックなサウンドな
のに,ポップでとても親しみやすい感
覚が最高。クラシカルさとポップさ,
荘厳さと親しみやすさを,パチンと場
面転換するところ切り替えが見事だぁ
2022/ 1/ 4 Neo Progressive Italyを更新!
Fonderiaの3作目。とてもお洒落なイタ
リアン・ジャズ・ロックを聞かせ、ソリ
ッドなリフからクリムゾン風の奇妙なソ
ロまでを繰り出すギターに、パラッパパ
ラッパのトランペットが絡みます。それ
でもふんわりと柔らかで、不思議カラフ
ルな彼らならではの音は変わらないので
す。
2022/ 1/ 1 お正月モード!
2022/12/31 Masters?スェーデンを更新!
Silence レーベルからのラスト・アルバ
ムとなった5thアルバム。本作ではまさ
かのジャズ・ロック&シンフォ系プログ
レに接近。親しみやすいメロディを、シャ
ープな演奏で流れるように奏でていきま
す。ヴァイオリンやケニーのギターをフィ
ーチャーし、ドラマチックでテクニカル
なジャズ・ロックと、美しいプログレど
真ん中の音となっています。
2022/12/30 Neo Progressive Swedenを更新!
ムーン・サファリのよりハート・ウォ
ームになった最高傑作3rdアルバム。
どの曲にも、心に響く歌メロがあって、
全ての楽器が空を飛んで行くような華
やかさに包まれています。お馴染みの
ほんのりと香るジェネシス色も良し!
2022/12/29 Masters?ウクライナを更新!
「オデッサの宝石」と呼ばれるFluer
の2枚組大作となった6thアルバム。
コンパクトなポップ・チューンから、
まるでプログレじゃないか?という
ようなドラマチックな大作に、エキ
ゾチックなペイガン・ロック風の曲
も収録。メリハリが効いた曲が多く、
90分以上にもわたる大作も全く飽
きさせません。
2022/12/26 自宅待機解除
2022/12/18 コロナ陽性
2022/12/17 Neo Progressive USAを更新!
アメリカ新人Crucibleの1stアルバム
アメリカのバンドって本当にRush風
のバンドが多いと思いますが、ゲディ
・リー度が高いのはこのバンドが一
番かな?最近はテクニカルでハイパー
なバンドが多い中、一つ一つのフレ
ーズを丹念に紡いで行く感覚が逆に
新鮮です。
2022/12/14 Masters?スイスを更新!
絶好調Galaadの前作から間髪を入れ
ずにリリースされた2021年作。前作
の延長線上にある重厚なシンフォに
仕上がっており、堂々たるボーカル、
広がるキーボード、適度な温度感の
ロング・トーン、ギター等、ヨーロ
ッパの深みを感じさせる見事な作品
です。
2022/12/10 My FavoriteRujaを更新!
2017年に突然リリースされたプログレ
期Ruja(1976-1980年)の作品集。スティ
ーブ・ハウの化身と化したJaanus
Nogistoと、ウェイクマン+ケリー・
ミネア風の、繊細でテクニカルなフレ
ーズを聞かせる新加入のキーボード奏
者を中心に、Yes+Gentle Giantな構
築美溢れるスリリングな音を聞かせて
くれます。
2022/12/ 8 Neo Progressive Italyを更新!
イタリア新人2012年のアルバム。柔
らかい感触のテクニカル・キーボー
ド・シンフォで,コンパクトな構成
ながら,しっとりと畳み込むところ
は,やっぱりイタリア。ロマンチッ
クな人懐こいメロディーと歌い上げ
るイタリア語の歌が魅力です
2022/12/ 3 Masters?スペインを更新!
スペインのフォーク調ビート・ロック
・バンドの'74年のアルバム。爽やか
なコーラス・ワークによるフォーキー
なサウンドが特徴的ですが,何と言っ
ても驚きはイエスの同志を思わせるシ
ンセ・ワークの1曲目。この曲だけ聞
いたらどんなプログレだろうかと思っ
てしまいますが,他の曲はアコーステ
ィックなビート・ポップ調なんですよ
ね。
2022/12/ 1 HP開設 22周年!
2008/11/23 Mau2応援コーナー新設!
My熱中アルバム!
Jupu Group / Umpeen Kasvoivat Polut
 
(Svart308LP)
 ノルウェイのジャズ・ロック・スーパー・グループ Jupu Group の46年ぶりとなる驚きの2ndアルバム(2022年)。いきなりの白熱ヴァイオリンのジャズ・ロックが始まり、そのままバンド一丸となって火の玉に。ミステリアスなシリアスさを持ったエレクトリック・チェンバーなジャズ・ロックは、さらにスリリングにパワー・アップ。そして、美しい女性ボーカルまで加わり、キュートさを感じさせながら絡むところが最高。特にハード系シリアス・リコメンともいえる、ハイ・テンションな音に美声ボーカルが絡む後半が素晴らしい。これは驚異的な作品だ。
My 熱中アルバムの過去LOGはこちらをクリックしてね。
特集
特集1.Italian Rock Remaster
  2001年、イタリアBMGからミレニアム記念に24Bit Remasterシリーズがリリースされました。
 廉価盤と言うことで、CDの作りは今一しょぼいものの音はリアルで素晴らしいです。第一弾の
 PFM、Bancoに続いて、その後どんどんRemaster化されてます!!この調子で他の名作も
 Remasterされたら実は財布がカラっぽになるけど、あぁ、あれも欲しい、これも欲しい(^_^;)
 →
Italian Rock Remaster 1,2,3,4,5,6,7
特集2.紙ジャケに挑戦
  紙ジャケにも挑戦中です(^_^)。私のようなLP世代の郷愁を誘う紙ジャケの出来もさることなが
 ら、キチンとRemasterされているアルバムが多いのが嬉しいですね。ボチボチ更新していくのでよ
 ろしくぅ。
 →紙ジャケに挑戦1
特集3.French Rock紙ジャケに挑戦
  フレンチ・ロックの紙ジャケも多数リリースされています(^_^)。PulsarやShylockのような
 メジャー・バンドはもちろんですが、意外とマニアックなところも出ていて嬉しい限りです(^^)

 →French Rock 紙ジャケ 1
Gate of DawnはMau2を応援します(^_^)/
  井上銀河率いるMau2は久々に現れた我が国の本格シンフォ・バンド。その歴史は70年
 代から30年
にも及び、2006年にようやく傑作1stアルバム"Voyagers"をリリースしまし
 た。スピード感と爽やかさを
持つその音は、まさに王道かつ斬新。そしていよいよ9年の時を
 経て、2014年4月 2ndアルバムをリリース!

Mau2 / Voyagers (Aqua Planet APRM-040529)
  井上銀河率いるMau2のデビュー・アルバム(2006年)。バンドの歴史は'77年
 から30年にも及び,何回かのメンバー・チェンジを経て,ようやくのデビュ
 ーとなりました。典型的なシンフォニック・ロックですが,そのスピード感と
 ジャケの世界に通じる爽やかさは,他の日本のバンドにあるようで無い感覚。
 良い意味で'80年代からのJ-Prog.の色も感じさせながら,ど真ん中直球のシン
 フォの割には,不思議と新鮮な感じがします。また,変化球アレンジもビシッ
 と決まって必然的!。1曲目の20分なんかあっと言う間だったもんね。途中
 のアコギのみバックで7分間歌いきる表現力にもビックリ!少し,アマチュア
 っぽさが残っていますが,デビューした頃のフラキン級と言ってしまいましょ
 う。応援しまっせ!!(^^)
Mau2 / Another Heaven (Aqua Planet Records APRM140123)
  名古屋のMau2が9年の歳月をかけて完成させた2ndアルバム(2014年)。いき
 なりドリーム・シアターをシンフォニックにしたような激しいサウンドに圧倒
 されますが、爽やかさと情念がテクニカルにせめぎ合うその音は、「これ
 Viennaの4thアルバムだよ」と言われても信じてしまいそう。いや、心に染み
 入る親しみやすいメロディはそれ以上だ!日本のプログレッシブ&シンフォニ
 ック・ロックの王道とも言えるサウンドでありながら、圧倒的色彩感のその音
 は2010年代においても説得力は十分。本作もど真ん中直球プログレッシブ
 ・ロック!しかもキレキレの快速球だ!!
手持ちUP終了(^_^)/
  手持ちUPが終了したコンテンツです。変に偏ったところもありますが、まぁそこはそれ。やっぱ
 妖しげな辺境系にはゾッコンなんですね
My Favorite

  Stormy Six(Italy)
  Triana (Spain)
  Discus(Indonesia)

Masters! Masters?
 ウズベキスタン
 カザフスタン
 ジョージア(グルジア)
 アルメニア
 コロンビア
 コスタ・リカ
 パナマ
 南アフリカ
 ニュー・ジーランド
 シンガポール
Presented by パードレばばんこ
@nifty ID : gcg01710
1